Gmailの「送信取り消し機能」が標準機能に格上げ

メール送信の取り消し

設定すると、送信後にこんな表示が出ます。
ここで、「取消」をクリックすると、メールの送信が取り消されます。

「メールの送信ボタンを押した後に、添付ファイルを付け忘れたことに気が付いた」

「メールの内容が途中だったのに、間違って送信ボタンを押してしまった」

などのちょっとしたミスの場合、Gmailでは送信ボタンを押した後、5秒~30秒の時間の範囲で送信したメールを取り消すことができる機能が標準で設定できるようになりました。

もともとは、Gmail Labsで実験的に行われていた機能なのですが、このたび標準機能に格上げされたようです。

Gmailの設定画面の「全般」の中に「送信取り消し」という項目が追加されました。

この項目を有効にして、取り消せる時間を5秒、10秒、20秒、30秒から選択すれば設定完了です。

これで、間違って送信するといったこともなく、安心してGmailが使えますね。