Office 2016、Office 365のタッチモード/マウスモードを知ってますか?

Office 2016やOffice 365を使っている方で、ワードやエクセルやポワーポイントのリボンがなぜか間延びしているなあ~と感じたことはありませんか?

たとえば、

Office 365 リボン タッチモード

こんな感じです。(クリックすると大きくなります)

本来のリボンって、

Office 365 リボン クリックモード

こんな感じだったけどな・・・(クリックすると大きくなります)

といった感じです。

実は、私もOffice 365の更新があるまでは、下のタイプだったのですが、更新後には突然上のようなタイプに変化して、なんでだろう~なんでだろう?と考えていたんですが、実はとても簡単なことでした。

 

1.Office 2016やOffice 365には、タッチモードとマウスモードの2つのモードが用意されている

 

タッチモードというのは、画面をタッチすることができるタブレットやパソコンで使うモードで、指でタッチしやすいように、ボタンとボタンの間の距離を十分にとっているものです。

一方、マウスモードというのは、従来のパソコンのように、マウスを使ってタッチするもので、より沢山のツールボタンを表示できるという長所があります。

ところが、Officeの更新をすると、突然マウスモードからタッチモードに変わってしまうことがあり、新しいOfficeは、リボンの形が変わったんだなあ~と誤解している人もいるかもしれません。

このタッチモードとマウスモードの切り替えは簡単なので、覚えてください。

ワード、エクセル、パワーポイントなどのうち、1つのアプリで切り替えを行うと、すべてのOfficeアプリで同時に切り替えが行われるようになっています。

 

(1)クリックアクセスツールバーを開きます。

クリックアクセスツールバー

(2)「タッチ/マウスモードの切り替え」をクリックします。

タッチ/マウスモードの切り替え

(3)クイックアクセスツールバー上の指マークの右の▼をクリックします。

(4)タッチモードとマウスモードの切り替えを行います。

タッチモードとマウスモードの切り替え

このように、いつでも簡単に切り替えを行うことができます。

個人的には、やはり「マウスモード」が好きです。

タッチモードは、ボタンの数も減るし、わかりにくいですからね。

ということで、困っていた方はお試しください。