「[A] パソコン教室」カテゴリーアーカイブ

Windows10にはLinuxの実行環境をインストールできる

Windows 10には、いつの間にかLinuxをインストールできる環境が整備されていたようです。

これまでは、「Cygwin」などのソフトをインストールしてTerminal環境を作成していましたが、Windows標準でLinuxのディストリビューションを簡単にインストールできる環境が提供されたことは、とてもありがたいことです。

Linuxをこれから勉強してみたい方は、ぜひ利用してみてください。

 

1.Windows Subsystem for Linuxの機能をONにすることが必要です

Windows 10にLinuxをインストールするためには、Windowsのベースの機能として「Windows Subsystem for Linux」という機能を有効にする必要があります。

まず、コントロールパネルを開いて「プログラムのアンインストール」をクリックしてください。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

この画面の左側に、「Windowsの機能の有効化または無効か」というメニューがあるので、クリックします。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

すると、以下のような画面が出てきます。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

この画面のリストの中から、「Windows Subsystem for Linux」にチェックをしてから、OKボタンを押してください。

しばらくして、「必要な変更が完了しました。」という画面が出たら、「今すぐ再起動」ボタンを押して、パソコンを再起動します。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

 

2.Windows StoreからLinuxをインストールします

再起動が終わった後、次にWindows Storeを起動してください。

Windows Storeの上部の検索欄に「Linux」と入力して、検索すると、以下の画面が出てきます。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

ここで、「アプリを入手する」ボタンを押します。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

実際には、現時点で5種類のLinuxディストリビューションを選択できるのですが、ここでは、一般的なLinuxの「Ubuntu」を使ってみることにしましょう。

※Linuxには多くのパッケージがあって、それらをディストリビューションと呼んでいます。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

Ubuntuの画面が出てきたら、入手ボタンを押して、インストールしてみましょう。

インストールすると、

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

上記のような画面となり、

「Installing, this may take a few minutes…」と表示されますので、しばらく待ってください。(数分かかります)

 

3.Ubuntuの初期設定を行います。

インストールが終わると、今度は最初の設定画面となります。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

(1)ユーザー設定を行います

ここでは、まず初めに、ユーザーアカウントの設定があります。

Enter new UNIX username:
(英語でユーザー名を入力してEnterします)

Enter new UNIX password:
(英数のパスワードを入力してEnterします)
(パスワードは2回入力します)

ここで必ず、自分のユーザー名とパスワードを紙に記録してください。

 

(2)Ubuntuのアップデートを行います

私の場合は、
nokotech@DESKTOP-4BCS6F8:~$
というものが最初に現れますが、
この部分は、設定したパソコンやユーザー名を記したものなので、個々に異なります。

最初にUbuntuのアップデートを実行します。

この「$」の右に以下のように入力して、Enterします。

$ sudo apt update

インターネットから最新のプログラムがダウンロードされて、インストールされます。

しばらく時間がかかりますが、じっと待ってください。

続けて、次に以下のように入力して、Enterします。

$ sudo apt upgrade

途中で、
パスワードを聞かれたら、パスワードを入力します。
Yes/Noを聞かれたら、「Yキー」を押してください。

しばらく時間がかかりますが、じっと待ってください。

次に、日本語を認識するためのLanguage packをインストールします。

以下のように入力して、Enterします。

$ sudo apt install language-pack-ja

最後に、日本語のマニュアルページをインストールします。

以下のように入力して、Enterします。

$ sudo apt install manpages-ja

しばらく時間がかかりますが、じっと待ってください。

インストールが終了したら、次はUbuntuのプロパティを設定しておきましょう。

ターミナルウィンドウの左上のアイコンをクリックします。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

メニューが出てきますので、「プロパティ」をクリックします。

Windows10にLinuxの実行環境をインストール

ここでは、フォントサイズを20pt、フォントの種類を「MS ゴシック」としてOKボタンを押してください。

以上で、設定は終了です。

 

4.Ubuntuの使用法は?

Ubuntuを終了する場合は、

$ exit

だけで大丈夫です。
画面が消えれば、閉じたことになります。

Windows 10の内部にUbuntuをインストールしていますので、通常のソフトを同じように取り扱うことができます。

再度使用する場合は、スタートメニューのプログラムの中に「Ubuntu」という名前がありますので、これをクリックするだけで、起動します。

本来、独立したOSとしてLinuxを終了する場合には、完全に終了する必要があるのですが、Windows 10上のLinuxの場合は、ログイン状態を継続して使うことができるようです。

もちろん、以下のコマンドを入力して、完全にUbuntuを終了することも可能です。

$ shutdown -h now

シャットダウンした場合は、起動時に再度ログインする必要があります。

ちなみに、Ubuntuが起動した時点のディレクトリは、

/home/(ユーザー名のディレクトリ)

となっています。

パソコンのCドライブのディレクトリは、Ubuntu上では

/mnt/c

という場所になっています。

このことにより、UbuntuからWindowsを操作することが可能になっています。

Windowsはいつも使っているけど、Linuxには全く触れたことがないという方も、WindowsのサブシステムとしてLinuxをインストールして使うことができますので、Linuxコマンドの勉強に役立てていただければと思います。

 

Edgeを使って、YouTube動画をダウンロード?

1.そもそも、YouTube動画のダウンロードをしてもいいのか?

最近は、テレビを見るよりもYouTubeを見ている時間が多いという人が増えているようです。

私自身は、それほどYouTubeを熱心に見ているわけではないのですが、動画の中には、永久保存版として、保存しておきたいと思うようなものも、たまにあります。

ブログなどを持っている方は、YouTubeの共有機能の埋め込みスクリプトをもらってきて、自分のブログに埋め込んで保存するような方法もあります。

しかし、YouTubeから動画ファイルを直接ダウンロードすることは、ある種グレーゾーンであり、著作権の問題などもあり、注意が必要な部分です。

一般的にネットで検索すると、様々な方法が見つかります。

これまで、多く用いられてきた方法は、FireFoxのブラウザを用いて、YouTube動画をダウンロードするためのアドインプログラムを追加するという方法です。

特に、FireFoxでは、この手のアドオンプログラムが豊富で、多くの方が利用されているのではと思います。

(1)FireFox起動
(2)右上にある三本線ボタンをクリック
(3)「Add-ons」クリック
(4)ページ一番下の「See more Add-ons!」をクリック
(5)検索ボックスで「YouTube」と検索する
(6)たくさんのアドオンが出てくるので、その中から選択してインストール

というような手順です。

ところが最近、FireFoxのアップデートが頻繁にあるようになって、アップデートのたびに、最新のバージョンに合わないアドオンが削除されるという現象が生じるようになってきました。

このため、特にYouTubeダウンロード関連のアドオンをアップデートのたびにインストールする必要があり、結構手間がかかると感じている方も多いと思います。

同時に、YouTube側も、これらのアドオンを使って動画ファイルをダウンロードされることを快く思っていないようで、アドオン自体がブロックされて使えなくなることもたびたびあります。

果たして、YouTubeから動画をダウンロードするのは違法なのか?
それとも個人で楽しむ範囲であれば可能なのか?
と疑問に思うことが度々あります。

そこで、YouTubeの利用規約を調べてみました

———–(抜粋はじまり)————-

4.本サービスの一般的な利用–許可及び制限事項

A.お客様は、YouTubeの事前の書面による承認なく、本サービスまたは本コンテンツのいかなる部分(本コンテンツ(以下に定義します。)を含みますが、これに限られません。)をもいかなる媒体によっても配布しないことに合意します。ただし、YouTubeが、かかる配布を可能にする本サービスの機能(Embeddable Player等)を提供している場合は除きます。

C.お客様は、本サービス自体の動画再生ページ、Embeddable Player、又はその他YouTubeが明示的に認めた手段以外のあらゆる技術及び手段を通じて、 本コンテンツにアクセスしないことに合意します。

5. お客様によるサイト上のコンテンツの使用

B.本コンテンツは、「現状有姿」でお客様に提供されています。お客様は、本コンテンツに、本サービスの機能により意図されており本サービス条件により認められている限度で、参考目的での個人的な利用のためにのみアクセスすることができます。お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。お客様は、YouTubeまたは関連する本コンテンツのライセンサーからの事前の書面による同意なく、コピー、複製、送信可能化、出版、翻案、配布、放送、表示、販売、ライセンス付与又はその他一切の他の目的のために利用されてはなりません。YouTube及びそのライセンサーは、本コンテンツ内で並びに本コンテンツに対して明示的に付与されていない、一切の権利を留保します。

———–(抜粋おわり)————-

基本的には、YouTubeは動画ファイルのダウンロードを禁止していることがわかります。

 

2.EdgeでのYouTube動画のダウンロードための拡張機能

これまで、マイクロソフトの「インターネットエクスプローラー」では、アドオンプログラムなどは自由にインストールできませんでしたが、Edgeになってからは、アドオンプログラム(拡張機能という)のインストールが簡単にできるようになっています。

(1)Edgeを起動する
(2)右上の「・・・」をクリックする
(3)「拡張機能」をクリック
(4)「その他の拡張機能を探す」をクリック
(5)Microsoft Storeが起動する
(6)検索欄に「video downloader」と入れて検索する
(7)「Video Downloader Professional for Edge」をクリックする
(8)インストールして、起動する

以上のような方法で、Edgeの画面の右上に「下向きの矢印のアイコン」が追加されます。

ここで、気になったのは、Microsoft Storeの中で検索で出てくる機能拡張アプリの名称の中に「YouTube」という文字がないという点です。「Tube」という文字はあるのですが・・・。

ちなみに、今回ご紹介した「Video Downloader Professional for Edge」は完全に無料で使用することができる拡張機能です。

ところが、この拡張機能には、不思議なトリックがあって、そのままではYouTube動画をダウンロードできない仕組みがあります。

どのようなことかというと、YouTubeのサイトに行き、1つの動画を選択して表示すると、矢印アイコンの色が灰色から緑色になります。

この緑色の矢印をクリックすると、通常であれば動画ファイルのダウンロード選択になるのですが、以下のような画面になって、動画がダウンロードできません。

Youtube動画のダウンロード

 

3.Video Downloader Professional for Edgeの正しい使い方とは?

いろいろと検討した結果、この拡張機能を使うための正しい方法が見つかりました。

それは、なんと「YouTubeページへの入り方」が問題でした。

通常は、Youtubeのトップページから入って、動画を検索して使うという方法が一般的ですが、その方法ではこの拡張機能は使うことができません。

以下、正しい方法です。

(1)Edgeを起動する
(2)YahooとかGoogleのページで、「youtube bing」と検索します。
(3)検索結果の「bing – YouTube」をクリックします。
(4)bingのユーザーページが開きます。(※bingとはマイクロソフトの検索エンジンのことです)
(5)左のサイドバーから「ホーム」をクリックします。
(6)あとは普通通りで、動画を検索して、目的の動画ページに行きます。
(7)ページ右上にある「緑の矢印ボタン」を押します。
(8)mp4と書かれているものが動画なので、Downloadボタンを押して保存します。

YouTubeのダウンロード

ここでのポイントは、YouTubeのページに行くときに、
「https://www.youtube.com/user/~」
のように、「user」というディレクトリから入るということです。

※「bing」というユーザーで今回は入っていますが、どのユーザーでも構いません。

ただし、YouTubeの動画のすべてがダウンロードできるわけではなく、著作権が厳しく守られている動画はダウンロードできません。

 

4.あくまで個人利用のみで、著作権を遵守した範囲で利用してください

最初に書きましたように、YouTube側の立場としては、ダウンロードをすること自体が規約で認められていません。

ダウンロードしたものは、個人利用ということでも、著作権を違反した場合は、許されることではありません。

特に、YouTubeにアップロードされた違法動画(著作権を犯しているもの)を上記の方法でダウンロードして利用する場合は、逮捕や罰金が科される可能性がありますので、注意してください。

 

Webデザイナー御用達、写真加工ソフト「手軽にななめ直し」

Webデザイナーの方に、愛されているフリーソフトがあります。

今回は、その中から写真加工ソフトの「手軽にななめ直し」をご紹介します。

 

1.写真の細かい回転を行うソフトです

Webデザイナーは、顧客に対して、ホームページに掲載したいので「写真を撮影して送ってください」と頼むことがあります。

このような場合、写真が微妙に傾いて撮影されていることがあり、Webデザイナー側で傾きの修整を行うことがあります。

通常、Photoshopなどの定番ソフトで傾きの修整を行います。
Photoshopではその回転角度を0.01度単位で調整することができます。

ただし、その操作は、回転角度の数字を入力して行うため、なかなか丁度いい角度に調整することが難しいのです。

これに対して、今回ご紹介するフリーソフト「手軽にななめ直し」は、写真を見ながら少しずつ調整できるのと、0.05度ごとに右まわり、左まわりさせながら、調整することができるので、感覚的にぴったりくる角度がすぐに見つかります。

さらに、回転をリセットする機能や、数字を打ち込む場合は0.000001単位で回転角度を調整することができるので、回転に関してはPhotoshop以上の使い勝手です。

さらに、写真を回転すると生じる白地の部分をきれいに削除した写真も簡単に作ってくれます。

こんなソフトが無料なんて信じられませんが、Windows Vista, 7, 8, 8.1, 10などのWindows OSに対応しており、Webデザイナーにとっては「神ソフト」です。

ソフトのダウンロードは以下のアドレスを参照してください。

「手軽にななめ直し」
http://www.officedaytime.com/naname/

上記ページの一番下にダウンロードのファイルがあります。
32bit版と64bit版がありますので、ご自分のパソコンに適したものをダウンロードしてください。

 

2.写真を回転させる方法

(1)ステップ1(画像ファイルを読み込みます)

写真加工ソフト「手軽にななめ直し」

(2)ステップ2(画像を回転します)
写真の上のバーの左「<」と右「>」をクリックすると微妙に回転します。
バーの中央にある灰色のバーをドラッグすると大きく回転できます。

写真加工ソフト「手軽にななめ直し」

写真加工ソフト「手軽にななめ直し」

(3)ステップ3(サイズを確認します)

写真加工ソフト「手軽にななめ直し」

(4)ステップ4(ファイルに保存します)

余分な部分が切り取られた画像が作成されます。

写真加工ソフト「手軽にななめ直し」

ファイルとして保存することができます。
また、クリップボードにコピーして、他のソフトで貼り付けることもできます。


最近は、スマホ上でも回転できる機能もありますが、スマホの機能では微妙な回転には対応していないのと、正確な回転角度などはわかりません。

三脚などで同じ場所で撮影していても、全部の写真が微妙に傾いているようなこともあり、このような時に角度がわかれば、Photoshopではアクションを作成してバッチ処理で多くのファイルをまとめて処理することもできます。

本フリーソフト「手軽にななめ直し」は、バッチ処理はできませんが、より簡単に回転の修正ができるので、作業の効率化にはバッチリのソフトだと思います。

 

Windows10(version1803)のインストールは約3時間かかる

Windows10になって、大きなアップデートが来ると「うんざり」してしまいますが、今回も結構大変なものがありました。

いつものように、「設定」から「更新とセキュリティ」を開けても、「お使いのデバイスは最新の状態です」と表示されていましたが、その下にある「更新プログラムのチェック」ボタンを押すと、突然Windows10のバージョン1803のダウンロードとインストールが始まってきました。

 

1.Windows10のバージョンの確認の方法

Windows10の場合、今のバージョンが何なのかは、PCのプロパティを見ても確認できません。

バージョンを確認する方法は、コルタナの検索バーに「winver」と入力してEnterキーを押すと、バージョンの表示画面が出てきます。

前回のバージョンは、「Windows10 バージョン1709」でしたが、現時点での最新のバージョンは、「バージョン1803」となります。

Windows10 Ver1803

この最新のバージョン1803は5月の始めにリリースされたようです。

しばらくは自動ではインストールされないようだったのですが、「設定」の「更新とセキュリティ」の画面の中にある「更新プログラムのチェック」を押してしまうとインストールが始まるようです。

 

2.インストールの流れと時間

バージョン1803のダウンロードが始まっても、パソコン自体は別の作業はできるのですが、やはり途中で動きが遅くなったりするので、ダウンロード中の使用は控えたほうがいいようです。

ダウンロードは、1時間程度かかるのではないかと思います。

ダウンロードが終わると、インストールが始まるのですが、これもバックグラウンドで動くので、パソコン自体は使用できるのですが、さらに動きは遅くなるので、こちらもじっと待った方がいいと思います。

インストールも、1時間程度かかるのではないかと思います。

インストールが終了すると、再起動を求められます。

再起動すると、数回自動で再起動しながら、新しいバージョンの設定が進行していきます。

再起動から、正常に戻るまでの時間も約1時間程度かかると思います。

要するに、3時間程度かかるので、これから仕事という方は、絶対にインストールを初めてはいけません。

仕事が終わった時点くらいからインストールを開始したほうが無難です。

 

3.何が変わったのか

いろいろと表示上も変わったことがあります。

すぐに気づいたのが、スタートメニューの「設定」アイコンの上に、「ピクチャー」と「ドキュメント」のアイコンが増えました。

それと、コルタナの検索バーの右に「タスクビュー」という機能がついて、パソコンの使用履歴がタイムラインとして表示されるようになりました。

このタスクビューを使うと、過去に使用したファイルなどにすぐにアクセスできます。また、タスクビューの中から、従来あったデスクトップの追加の機能が使えるようになっています。

詳しい機能を見たい場合は、

「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」の中の「更新の履歴を表示する」→「Windows10、バージョン1803の機能更新プログラム」の下にある「この更新プログラムの新機能を見る」をクリックします。

リリースの機能を見る

この画面から、新しい機能の詳細を確認することができます。

 

4.更新してよかったと思ったのは?

更新して、最初に変わったと思った点はインターネットエクスプローラーの変化です。

IEのバージョン自体は、確認してもよくわからないのですが、明らかに今回のWindows Updateによって、IEバージョンもアップして、全体の表示速度などが速くなっている気がしています。

実は、最近IEの動きが遅く、途中でフリーズするようなこともあったのですが、今回のアップデートでかなり改善されているように感じます。

 

5.勝手にインストールされたゲームがある

スタートメニューのプログラムの中に勝手にインストールされたゲームのアプリが見られました。

・Hidden City:アイテム探しアドベンチャー
・バブルウィッチ3
・マーチオブエンパイア 領土戦争

というような訳のわからないアプリが勝手にインストールされていました。これらのアプリはアンインストールもできるので、大丈夫です。

 

6.マイクロソフトのWindows Updateの注意点

最近のマイクロソフトのWindows Updateは、リリース直後は様子見で、最初はマニュアルでのインストールが主流となりますが、リリース後数か月目からは、強制でアップデートが突然始まるという可能性があります。

今回のバージョン1803については、ダウンロード・インストール・再起動の全体で3時間程度かかりますので、突然アップデートが来られてしまうと、仕事が中断することにもなります。

そこで、できるだけ時間があるときに、マニュアルでアップデートを実行するのがいいと思います。

ちなみに、今回のような大きなWindows10のアップデートを行うような場合は、AC電源に接続して、ノートパソコンの場合には電源の設定を「スリープしない」に設定してから実行するようにしてください。

途中で電源が切られたり、スリープしてしまうと、アップデート途中でトラブルになる可能性もありますので、ご注意ください。

Windows Liveのソフトは、今でもWindows10にインストールできる

Windows Liveソフトの入手方法

Windows 7で標準でインストールされていた「Windows Liveメール」、「フォトギャラリー」「ムービーメーカー」「Windows Live Writer」などのソフトは、Windows Liveソフトと呼ばれています。

・Windows Liveメール・・・メールソフト
・フォトギャラリー・・・写真の閲覧と写真の加工ソフト
・ムービーメーカー・・・動画編集ソフト
・Windows Live Writer・・・ブログに記事を投稿してくれるソフト

このWindows Liveソフトは2011年に公開され、その後2012年に新しく更新されて以来、その後全く更新されていません。

Windows 10になってからも、しばらくの間はこのWindows Liveソフトはダウンロードが出来ていたのですが、2017年の初頭にマイクロソフトがダウンロードページを閉じたために、現在では、全く手に入らない状況となっています。

このような状況の中で、ネットを検索したところ、「パソコンりかばり堂本舗」の記事「Windows Liveメール2012のサポート終了でどうすればいいのか」の中で見つけることができました。

ちなみに、そのほかのサイトでも見つけることができますが、ダウンロードサイトによっては危険なサイトもあるので、こちらのサイトが一番安全です。

ちなみに、以下のリンクをクリックすると、Windows Liveのセットアップファイルを直接ダウンロードすることができます。

Windows Liveのインストーラー(wlsetup-all.exe)のダウンロード

このダウンロードサイトは、「Wayback Machine」という場所にあるのですが、なぜ、すでにダウンロードができなくなったWindows Liveソフトが存在しているのでしょうか?

 

Wayback Machineは、インターネットの歴史を記録している

Wayback Machineというサイトでは、過去のネット上のページをすべて保存しているというあまりにもすごいサイトなのです。

wayback machine

↑クリックすると、Wayback Machineのページに行きます。

このサイトの検索欄に、現在もしくは過去に存在したアドレス(URL)を入れると、そのページが検索されて出てきます。(http://~を入力します)

1つのサイトであれば、その年代別に記録されていますので、その年代を選んで、さらにページを選べば、過去にあったページが表示されるということになっています。

つまり、Googleの検索は今のページだけですが、Wayback Machineの場合は、過去のページまでも検索できるというものなのです。

このサイトには、現時点で

・279 billion web pages
・11 million books and texts
・4 million audio recordings (including 160,000 live concerts)
・3 million videos (including 1 million Television News programs)
・1 million images
・100,000 software programs

の記録が保存されているそうです。

 

Windows Liveソフトの優秀なところ

話を元に戻しますが、Windows Liveのソフトは、Windows 10にはない優秀な機能を持っています。

しかし、Windows Liveメールについては、Windows 10上では動作するものの、マイクロソフトアカウントのメールアドレスについては、登録すると不具合が発生することがわかっています。

最も、必要なソフトとしては、「ムービーメーカー」ではないかと思います。

ムービーメーカーは、動画や写真から簡単に動画作成や動画編集ができるソフトなのですが、書き出し形式としてmp4で書き出したり、動画から音楽だけをmp3として書き出したりできるので、とてもありがたいソフトなのです。

また、フォトギャラリーは、写真を加工できるソフトで、とても重宝するソフトの1つです。

Windows Live Writerは使っている人は少ないと思いますが、WordPressなどのブログの記事を書くときに、このソフト上でワードのように編集して書いたものを、ブログに自動でアップしてくれるというソフトです。

結構ユニークなソフトで、複雑なWordPressの画面を見ずに記事が書けるので、一般の人向けにはかなり画期的なソフトでした。

このWindows Liveのインストーラーを起動すると、以下のような画面になります。

Windows Live

この画面では、必ず「インストールする製品の選択」を選んでください。

その次の画面で、必要なソフトをチェックして、インストールボタンを押せば、インストールされます。

ただし、Messengerというソフトだけは、絶対にインストールしないでください。古いタイプのソフトなので、問題があります。

また、Micrososoft OneDriveについても、すでにインストールされていると思いますので、チェックはしないようにしてください。

・メール
・フォトギャラリーとムービーメーカー
・Writer

の3つがインストールしてもいいものです。

Windows 10上で、上記3つのソフトはちゃんと動きますので、安心してインストールしてください。