A4用紙の価格高騰と品質劣化に驚く

最近は、事務所の近くに文房具屋さんを見かけなくなり、パソコンで使うA4用紙を探すのにも一苦労です。

先日、あるスーパーでA4用紙を見つけて、500枚入りのものを買ったのですが、紙の品質が悪すぎてびっくりしてしまいました。

どう悪いかというと、「紙が白くなく、厚さもかなり薄い」のです。

その後、近くの100円ショップでも100枚入りというものを買ってみたのですが、こちらのほうは「色はとりあえず白いけど、さらに薄くて下が透けて見える」という代物でした。

やはり、100円ショップの紙に期待した自分がバカでした。

結局、パソコン量販店まで出かけて、なるべく価格の高いA4用紙を買うことにしました。

昔は、そこそこの価格でも問題なく使用できるA4用紙が、どこのお店でも売っていたのですが、今はパソコン量販店などで、500枚入りで550円~700円くらいするものでないと、品質的に信用できないという時代になってしまったようです。

さらに、価格は高い紙であっても、昔売られていたA4用紙に比べると品質や厚さはかなり落ちるように思います。

たくさん使う人は、Amazonとかで、500枚×5冊とかの箱で買うと安いのでしょうが、一般の人はそんなに使わないので、100枚程度で、きちんとした品質のものが、コンビニに売られているといいのになあと思いました。

これって、どうみても円安の影響ですね。