スマホでのMicrosoft Officeの使い方

パソコンでMicrosoft Officeを持っている方は、スマホで無料のMicrosoft Officeのアプリを入れるだけで、パソコンで作成したファイルを閲覧・編集することができます。

この仕組みは、Office2013以降でより使いやすくなっています。

パソコン側でOneDriveにファイルを保存すると、クラウドのOneDriveに即座に同期がとられます。

スマホのアプリを開くと、クラウド上のOneDrive上にあるファイルが見えますので、それを簡単に開くことができます。

スマホ側でファイルを修正すると、それが即、クラウド上のOneDriveに保存され、その後、パソコン側のOneDriveと同期がとられるので、最終的にパソコン側のファイルも修正されたものとなります。

一方で、スマホ側のメモリ内にOfficeのファイルを保存しておくこともできます。

それは、スマホ側のOfficeアプリを開いて、OneDrive上のファイルを開いたら、そのファイルを複製することができます。新しいファイル名をつけて、スマホのメモリに保存すれば、ネット接続がなくてもそのファイルを閲覧・編集ができるようになります。

スマホに最初にインストールされるOfficeアプリは無料ですが、より高度な機能が必要な方は、プレミアムバージョンを購入することができるようになっています。

AndroidとiPhoneではインストールするアプリが異なりますが、機能的には同じです。