Google Chromeに対するカスペルスキーの証明書エラーの問題

最近、新しいバージョンのカスペルスキーをインストールしたら、Google Chromeを起動したときに、以下のような証明書エラーの表示が出てくるようになりました。

カスペルスキーのGoogle Chromeに対する証明書エラーを解決

この表示は、Internet ExplorerやEdgeやFireFoxなどのブラウザでは出てこないのですが、Google Chromeを起動した時だけ出現してきます。

この場合、切断や続行を何度も押せば消えてくれるのですが、Google Chromeの起動のたびに、そのような操作をするのは面倒なので、この機能自体をOFFにしておいたほうがいいように思います。

 

「暗号化された接続のスキャン」をOFFにする方法

1.カスペルスキーを起動

カスペルスキーのGoogle Chromeに対する証明書エラーを解決
(画像をクリックすると大きくなります)

左下にある歯車マークをクリックします。

2.左のメニューから「詳細」をクリックする

カスペルスキーのGoogle Chromeに対する証明書エラーを解決
(画像をクリックすると大きくなります)

3.詳細の中にある「ネットワーク」をクリックする

カスペルスキーのGoogle Chromeに対する証明書エラーを解決
(画像をクリックすると大きくなります)

4.ネットワーク設定の中の「暗号化された接続のスキャン」を見る

カスペルスキーのGoogle Chromeに対する証明書エラーを解決
(画像をクリックすると大きくなります)

5.「暗号化された接続をスキャンしない」に切り替える

カスペルスキーのGoogle Chromeに対する証明書エラーを解決
(画像をクリックすると大きくなります)

以上の操作で、Google Chromeを起動したときの「証明書エラー」は出てこなくなります。

なぜ、Google Chromeだけで、このようなエラーが出てくるのかはわかりませんが、カスペルスキー側とGoogleとの間で情報の食い違いがあるのかもしれませんね。