クラウドの3種の神器で情報を整理しよう!

クラウドに整理しよう

クラウドと言われてもさっぱりという人も多いと思いますが、私が日頃から使っているクラウドの3種の神器のお教えしますね。この3つのクラウドサービスを使うと、あなたのパソコンをかなり整理することができます。

まず第一番目は、「Gmail」ですね。パソコン、タブレット、スマホなど、あらゆるデバイスで、どこにいても使えるというメールがGmailです。

Gmailは、一見して取っ付きにくい画面になっていますが、その機能は通常のメールのソフトの比ではなく、驚くべき機能をそなえたメールなのです。何よりも、5つまでの他のメールがGmailで受信・送信できることと、迷惑メールなどを見なくてすむという点はありがたい機能です。

すべてのメールが一元管理できる点と、パソコンを買い替えるたびに悩みの種だったメール設定を一切しなくていいという点が魅力です。また、Googleの強固に守られたサーバーによりセキュリティも万全で、世界中で最も使われているメールであるにもかかわらず、トラブルが少ないという点も評価できると思います。

第二番目は、「Evernote」です。使っている人も多いと思いますが、ネット上にあるメモ帳と考えていただければいいと思います。何か忘れたくないことや、記録しておきたいことなどがあれば、さっと出して記録できる魔法のメモ帳です。これを使うようになって、あれはどこに書いたっけ?ということがなくなりました。

Evernoteは有料版もありますが、無料版でも十分使用できる点がありがたいですね。

第三番目は、「OneDrive」です。ネット上にファイルを保存できるサービスのことを「ネットストレージサービス」と呼びます。OneDrive以外にもいくつかのサービスがありますが、ファイルの安定性、セキュリティ、転送速度、同期するローカルフォルダの選択などの点で、他のサービスより優秀であると思います。

15GBの容量まで無料で使えるというお得感もありますが、何よりもOfficeとの連携、スマホ・タブレットなどとの連携、Windowsだけでなく、Macintoshでも使えることなどが魅力です。

このOneDriveを使うようになって、会社や家や出先などでも、いつでも最新のファイルにアクセスできることで仕事が飛躍的にしやすくなりました。特にUSBメモリなどを使うことが少なくなり、データを安心してネット上に預けているということで、パソコンが壊れてもデータは守られているという安心感が、一番のメリットだと思います。

以上の3つが私のクラウドの3種の神器ですが、そのほかにもたくさんのクラウドサービスがあります。パソコンは、単なる機械ではなく、ネット上のいろんなサービスと繋がる可能性を持った機械です。

ぜひクラウドを利用して、自分の世界を広げていってほしいと思います。