Windows7とWindows8を共存させる方法

これまでのWindowsのOSと同様に、今回のWindows 8も過去のOSと共存することが可能です。

Windows 7のパソコンであれば、ハードディスク内のパーティション領域の容量を拡大・縮小する機能を持っています。

ディスクの管理画面で、Cドライブの後ろに、Windows 8をインストールする未設定領域を確保した後に、Windows 8をカスタムインストールで、未設定領域に対してインストールすれば、Windows 7とWindows 8を共存させることが可能です。

2つのOSを共存させると、起動時に「オペレーティングシステムの選択」の画面が現れるようになります。

Windows 8 ブートセレクタ

上記のような画面が出てきますので、ここでWindows 7、もしくはWindows 8のどちらかをマウスでクリックします。そうすると、そのOSの起動が開始されます。

初期状態では、何も選択しないと一定時間後には上に配置されているWindows 8が起動してきます。これは、Windows 8がデフォルトで起動するOSとして設定されているからです。

この設定を変更するような場合は、画面下にある「規定の起動設定やその他のオプションの変更」という文字の部分をクリックします。

すると、以下のような画面が出てきます。

Win8ブートセレクタオプション

既定のオペレーティングシステムの選択ボタンから、Windows 7を既定にすることもできます。

これまでのWindowsの場合は、このようなブートセレクタ画面は、黒い画面に文字だけがあり、キーボードの矢印キーを使って選択するタイプでしたが、Windows 8からは、マウスを使って選択できる綺麗な画面になったのはとてもわかりやすいと思いました。

Windows 7も残しておきながら、Windows 8も使いたいという方には、結構いい方法です。

それぞれのOSで起動すると、Cドライブには、それぞれのOSのパーティションが割り当てられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です