いよいよ明日(10月18日)、Windows8.1が公開されます

いよいよ明日(10月18日)、Windows8.1が発売(公開)されます。
Windows8から8.1のアップグレードは、Windowsストアから無料で行うことができます。

ストアを使うには、Microsoftアカウントの登録は必須となりますので、ローカルアカウントだけで使っている方は、この機会にMicrosoftアカウントを設定しておきましょう。

今回のWindows8.1は、本来のWindowsパソコンの使い勝手を重視した変更になっているようです。
注目はスタートボタンの復活と、起動時にデスクトップ画面を表示させる設定が可能になることです。

ちょっと不安なのはインターネットエクスプローラーのバージョンが11になってしまうことです。
マイクロソフトさんは、バージョンを1年に1回ずつ上げるつもりなのでしょうかね~。

新しくパソコンを購入される方も、今週末からWindows8.1のOSのパソコンが購入できるようになります。
今回の8から8.1への移行はそれほど大きな変化ではないけど、Windows8のわかりにくいインターフェースが使いやすくなるのであれば、ありがたいです。

世間ではまだまだWindows7が主流ですけど、これからは本格的にWindows8.1が主流になっていくことと思います。パソコンはやっと慣れたころに、次のOSが出てくるのできりがないですが、OSは時代の変化の象徴みたいなものなので、新しい発想法や、新しい概念を生み出しているものと考えることもできると思います。