月別アーカイブ: 2015年6月

Gmailの「送信取り消し機能」が標準機能に格上げ

メール送信の取り消し

設定すると、送信後にこんな表示が出ます。
ここで、「取消」をクリックすると、メールの送信が取り消されます。

「メールの送信ボタンを押した後に、添付ファイルを付け忘れたことに気が付いた」

「メールの内容が途中だったのに、間違って送信ボタンを押してしまった」

などのちょっとしたミスの場合、Gmailでは送信ボタンを押した後、5秒~30秒の時間の範囲で送信したメールを取り消すことができる機能が標準で設定できるようになりました。

もともとは、Gmail Labsで実験的に行われていた機能なのですが、このたび標準機能に格上げされたようです。

Gmailの設定画面の「全般」の中に「送信取り消し」という項目が追加されました。

この項目を有効にして、取り消せる時間を5秒、10秒、20秒、30秒から選択すれば設定完了です。

これで、間違って送信するといったこともなく、安心してGmailが使えますね。

ドクターペッパーを飲んだことがありますか?

ドクターペッパー

ドクターペッパー(Dr Pepper)を突然目にしたのは、朝だった。

ノコテック・ラボのあるビルの1階の入り口に、自動販売が設置されているのをご存じだろうか。
(たぶん、知らない人がほとんどだろうけど・・・)

いつもは素通りする自販機の中に、キラッと光る白い文字、日頃目にしたことのない文字列がちらっと横切った。

梅雨が始まり、湿気の高い朝だったので、いつもだったらコーラでも買っていこうかと考えるのだが、その日だけは暑さも引き飛ぶ感動があった。

「ドクターペッパー」。。。

ペッパー警部ではなく、ペッパー博士が目の前にいるではありませんか。

それから先の記憶はさだかではないが、気が付けば、事務所の中でドクターペッパーを片手に持って立っていた。

昔、アメリカで飲んだドクターペッパーの懐かしい味は、すでに忘れてしまっていたが、飲んでみると以外と飲みやすく、昔感じた薬みたいな味は全くしなかった。

むしろ、一言でいうと、フルーティーなコーラと言っても過言ではない。

どの飲み物にもたとえようのない飲み物でありながら、不思議に懐かしい味がする。

そんなドクターペッパーが、ノコテック・ラボのある建物の1階にある自販機で買えるのです。

もしかしたら、自販機での販売数が少なくなると、あっというまに消えてしまうかもしれません。

この夏、あなたもこの感動を味わってみませんか?

円安により変化するパソコン市場とWindows10のゆくえ

パソコンの価格は、円相場の影響を受けやすい

15~20年前、ノートパソコンの価格は、20~25万円程度が相場でした。しかし、その後急速な円高が進んだことで、軒並み日本メーカーの工場が海外移転する時代になりました。

そんな中で、部品や組み立てもアジアの国々で行うようになり、円高と共にノートパソコンの価格は下がってきました。今から3,4年ほど前、1ドルが80円を切るような時代の中で、日本メーカーのノートパソコンの価格は一番安くなり、10~13万円程度で購入できる時代がありました。

ところが、アベノミクスが始まり、日銀の金融緩和の中で、ここ2年ほどのうちに円は120円以上のレートになり、消費税が8%に上がってきた今日、一部の国産メーカーは海外から日本へ生産拠点を移動する中で、再びノートパソコンの価格は上昇してきました。現在の標準的な国産メーカーのノートパソコン価格は、15~18万円程度になってきています。

パソコンに使われる部品は、年々性能が上がっているにも関わらず、その価格は安くなる傾向にあります。しかし、円相場の変動により、パソコン全体の価格は絶えず変動しているのです。

Windows10を待つべきか、今買うべきか?

この夏に、新しいOSとして、Windows10が公表され、それに伴いWindows10のパソコンが主流になっていくと考えられますが、一方で、Windows8のパソコンの在庫を処分しようとする動きが出てきてます。

このため、販売店ではWindows8のパソコンの値引きがここにきて大きくなってきています。また注目すべきは、Windows8.1搭載のタブレットです。ここにきて、タブレットの価格が軒並み安くなってきているようです。

Windows10の無償アップグレードは、Windows7、Windows8.1のパソコンおよび、Windows8.1を搭載したWindowsタブレットで行われます。ですから、現時点でWindows8.1のパソコンやタブレットを購入しても、無料でWindows10にアップグレードが可能なのです。

しかし、アップグレードによって、製品の機能が100%引き継がれるかどうかはわからないということで、現時点でのWindows8.1のパソコン(ノートパソコンも)やタブレットを売り切った方が安全と販売店は考えていると思います。

しかし、一方でWindows10を搭載したパソコンやタブレットの価格は、円高を背景にかなり上がってくるということも予想できます。パソコンメーカーとしては、新しいWindowsのバージョンが出来たときだけは、値上げができるので、とてもありがたい時期なのです。

このような理由から、Windows8.1のパソコンやタブレットを購入して、Windows10にアップグレードする方がずっと安上がりだという考え方もあるのです。

パソコン・タブレットの選び方で大切なこと

しかし、Windows10にはこれまでなかった機能が搭載されており、ハードの性能が十分でないと、果たしてWindows10の機能が十分に発揮されるかどうかは不安が残りますので、購入に躊躇されている方も多いと思います。

このような中で、どのような機種を選べばいいかというと、基本性能の高いパソコンやタブレットを購入することが大切です。基本性能というのは、CPU、メモリ、ストレージ容量の3つです。これらの性能がしっかりしていれば、Windows10にも十分対応できると思います。

また、タブレットに関しては、Windows10にアップグレードした場合に、性能的に問題ないかどうかは、販売店やメーカーに十分確認してから購入するようにしてください。