「[E] 日記」カテゴリーアーカイブ

そろそろ、ブログを再開します

チョッパー
※上記の画像は「いらすとや」さんからいただきました。

ここ1年近くブログの記事の投稿はお休みしておりましたが、そろそろ再開しようかと思います。

新型コロナウイルスの影響で、逆にパソコンを使う機会が増えた方もいるかと思いますが、ここ1年での仕事のやり方の変化や、使っているパソコン環境なども著しく変化してきたのではないでしょうか。

ノコテック・ラボは個人レッスンのみのパソコン教室として、多くの生徒さんにご利用いただいておりますが、ここ1年のレッスン内容は、それまでのレッスン内容とは大きく異なり、クラウドに関するもの、リモートに関するもの、オンライン会議に関するもの、仕事の効率化に関するもの、コロナ下でのホームページの在り方に関するもの、遠隔のためのビデオ作成やネット利用に関するものなど、多岐に渡るテーマが増えてきています。

また、新しいパソコンの購入をされる方も増えて、パソコンのセットアップや設定に関すること、セキュリティソフトに関すること、購入自体の相談なども増えたように思います。

私自身も、新たに勉強しなければならないことも沢山ありましたが、特にネット上のサービスやツールが大幅に増加しており、一般の方にとっては使い方も大変ですが、IDやパスワードの管理も大変で、いかにIDやパスワードを管理して安全に運用するかが、今後の課題になってきていると思います。

一方で、日本全体で見ると、圧倒的にデジタル化の遅れ、デジタル人材の不足が顕著になってきています。

特に、日本の企業体質や商習慣がデジタル人材の育成やデジタル化を阻害している状況が顕著になってきているようです。そういう意味で、会社や企業に依存しないで、全く新しい発想で、物事を考えられるデジタル人材の育成が大切だと思います。

小学校では、昨年からプログラミング教育が取り入れられていますが、むしろ大人に対してのプログラミング教育の方がずっと大切です。プログラミングは経験ですので、やればやっただけ上達するものです。素質もある程度はありますが、1つの問題を人に頼らずにどこまで深く掘り下げて長い時間考えられるかという能力がプログラミング能力です。

プログラミング自体は、一見して難しそうに見えますが、本来は誰でもが勉強できるテーマです。自分の身近にあるテーマを解決するために、プログラミングを学ぶことは、これからの時代を乗り切るために必要なことになってくると思われます。

ノコテック・ラボのパソコン教室においては、エクセルのマクロなどは従来どおりお教えしておりますが、最近はエクセルのパワークエリ、パワーピボットなどのデータ処理、Pythonを使ったデータ処理なども生徒さんといっしょに勉強しています。

また、今後は、遠隔でのコミュニケーションといった分野もさらに発展してくると感じています。Youtubeなどの動画だけではなく、仕事上での動画の利用なども仕事の効率化という意味で広まってくるのではないかと思います。

そうは言っても、一番大切なのはパソコンの基本です。基本がわかっていないと、難しいことは手も足も出ません。あせらずに基本の部分をしっかり学んでいきながら、少しづつ物事がわかってくるのを楽しむという余裕も必要だと思います。

アニメ「はたらく細胞」が面白すぎる

今や新型コロナウイルスという目に見えない敵と戦っている私達ですが、私達の体には、37兆2000億個の細胞があって、その細胞1つ1つが役割を持って毎日けなげに働いています。

アニメ「はたらく細胞」は、私達の体が多くの外敵にさらされていて、その外敵の種類を見分けながら、日々対処していることをわかりやすく伝えている画期的なアニメなのです。

このアニメを見ることで、菌とウイルスの違いや、外敵に対処する白血球にもいろんな種類があることを理解できます。

アニメは、新米の赤血球の女の子が主人公で、私達の体がどのように外敵に対して対処しているかを、面白く物語にしています。

配信しているサイトは何個かあると思いますが、とりあえずGyaoさんで見てください。

はたらく細胞 第1話 肺炎球菌
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00548/v12296/

はたらく細胞

このアニメの医療監修は、医療法人ひかり会パーク病院 院長の原田知幸先生です。(テレビの世界一受けたい授業も出演された先生です)

体のしくみをわかりやすく解説しているアニメは、世界的にもめずらしいし、日本ならではのものだと思いました。

ぜひ、見てください。

プリペイド型クレジットカードmijica(ミヂカ)を知ってますか?

「mijica」と書いて、「ミヂカ」と読むことも不思議なのですが、このクレジットカードは、高齢化が進む日本にとって、とても画期的なクレジットカードなのです。

 

mijicaカード

 

1.mijicaカードは、ゆうちょ銀行が発行するプリペイド型クレジットカードです。

ほとんど広告やCMをしていないので、知らない人がほとんどだと思いますが、ゆうちゅ銀行は、かなり画期的なクレジットカードを発行しているのです。

 

(1)ゆうちょ銀行のキャッシュカードを持っている方であれば、誰でも申し込めます。

このカードは、満12歳以上の方で、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを持っていれば、誰でも申し込めます。

一番の特徴は、申し込めば、審査もなく、カードが送られてくるという点です。

一般のクレジットカードでは、一定の収入があることや、年齢制限などがあり、特に高齢者の方が申し込んでも、審査が通らないというケースが多々あります。

ところが、このカードは、申し込めば必ず手にすることができるカードなのです。

 

(2)VISAカードとして、ネットやお店で使用できるクレジットカードです。

VISAカードとして使えるので、特にネット上での買い物や、通常のお店でも使えますし、日本だけでなく、世界中で使えるカードです。

 

(3)プリペイド型なので、使いすぎることがなく安全に使えるカードです。

mijicaカードは、ゆうちょのATMで、最大10万円までチャージすることができます。(残高上限は10万円です)

また、Web・スマホアプリで、ゆうちょ口座からチャージすることもできます。(今すぐチャージ)

さらに、ゆうちょ口座から毎月のご指定の日(1日、6日、11日、16日、21日、26日のいずれか)にチャージすることもできます。(指定日チャージ)

 

(4)すでにチャージしているカードから、現金の出金もできます。

通常のプリペイドカードであれば、一旦チャージした金額は、引き出すことができませんが、このmijicaカードでは、チャージした金額を再び出金もできてしまうプリペイド型カードなのです。

ただし、出金1回あたりの最大金額は5万円までで、出金手数料が54円(税込)かかります。

 

(5)mijicaカードを持っている相手に対して、会員サイトまたはスマホアプリから、送金ができます。

会員サイトやスマホアプリを使って、相手のカナ氏名とカード番号だけで、相手のカードに対して送金が可能です。

1回最大5万円までの送金が可能で、手数料は無料です。送金回数は、月10回までとなっています。

 

2.申し込みはいたって簡単、とても安心です。

このプリペイド型クレジットカードは、チャージされた金額以上の買い物はできません。

なので、使いすぎることもなく、安心して使えます。

特に、高齢者の方で、クレジットカードを使ったことがない方や、クレジットカードの審査になかなか通らないで困っている方、そして何よりも、クレジットカードが危ないと考えている方に、安心して取得して、使うことができるカードです。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードさえ持っていれば、以下のサイトから簡単に申し込むことができます。

ゆうちょ銀行(プリペイドカード mijica)

上記ページに行って、「今すぐWebで申し込む」をクリックして、次のページでは「Web申し込み版「みじか」デザイン」の下にある「上記の券面を申し込む」をクリックします。

ここで、「mijicaお申込みの事前準備」という画面になりますが、ここで以外と先に進めない場合があるので、注意してください。

ブラウザソフトでの「ポップアップブロック」を解除しておかないと、次の画面には進めません。

「ポップアップブロック設定の解除方法」を必ず参照して、自分のパソコンやスマホの設定を一部変更してから、申し込みを行ってください。

申し込みが無事に終了すれば、1週間程度でカードが送られてきます。

 

3.こんな方に最適です

今回、このようなクレジットカードをご紹介した一番の理由は、一般的なクレジットカードは、60歳以下の就業している人に対して発行しているカードであって、それ以外の人は、審査で落とされてクレジットカードを手にすることができません。

よくテレビで、「楽天カード」や「Yahoo!カード」など、誰でも申し込めるように言っているカードもありますが、実際に申し込んでみると審査で落とされる方は、かなりいるようです。

もちろん、高齢者でも申し込めるカードもありますが、American Expressなどのカードは、年会費も高額で、使用する頻度が少ない方には負担が大きすぎます。

その点、ゆうちょ銀行のmijicaカードは、審査もなく、確実に手にすることができ、年会費は無料で使うことができます。

昨今のインターネット社会では、ネットでの契約やショッピングに、クレジットカードが必須であるサービスも増えていますので、より多くの方が安心して使えるクレジットカードとして、mijicaカードは最適だと思います。

クレジットカードは危ないと考えている方でも、suicaやpasmoなどのプリペイドカードは使っていると思います。

一般のプリペイドカードの延長線上にあって、プリペイド残高が10万円までというカードでありながら、VISAカードとして、インターネットや世界中の店舗で使えるという意味で、特徴のあるカードだといえます。