「[C] パソコントラブル」カテゴリーアーカイブ

Windows10でのOfficeの不具合とその原因について

2019年を迎えて早々、OfficeのWord、Excel、Powerpoint、Outlookなどのソフトが起動できなくなるといったトラブルが一部で発生しています。

特に、Excelが正常に起動しないといった不具合は、Office2016に限らず、Office2013やOffice2010などについても報告されています。

このトラブルの原因としては、1月3日にマイクロソフトがリリースしたWindows Updateのプログラムによるものであるということが明らかになっています。

この問題を引き起こしたWindows Updateは、「KB4461627」というプログラムであり、このプログラムを削除することで、起動が正常に戻ったという内容がネット上で多く報告されているようです。

一方で、上記のUpdateプログラムが原因ではない原因不明のトラブルが、Windows10のパソコンで起きているようです。

今回の記事では、Windows10のパソコンで現在起こっているOfficeの原因不明のトラブルについて、私なりの考察を書いてみたいと思います。

 

1.Windows10のOffice2016は、2つのタイプがある

今回、トラブルの起こったパソコンを解析していく中で、Windows10のパソコンにインストールされているOffice2016は、2つのタイプがあることを知りました。

(1)アプリ版のOffice2016(プレインストール版)

最近のWindows10のパソコンに最初から付属しているOfficeで、プロダクトキーを登録することで、すぐに使えるようになるタイプのOfficeです。

このOffice2016のアイコンは、以下のようなアイコンをしています。

アプリのOfficeアイコン

このアイコンの特徴は、四角い形をしているという点です。

「アプリ版のOffice2016」は、従来のコントロールパネルの「プログラムのアンインストール」の画面には、表示されていません。

「設定」→「アプリ」→「アプリと機能」の中に表示されるのみです。

 

(2)ソフト版のOffice2016(マイクロソフトアカウントページからインストール)

ユーザーごとのマイクロソフトアカウントのページにライセンスされたOffice2016をダウンロードしてインストールするタイプのOfficeです。
(サブスクリプションのページからインストールできます)

このOffice2016のアイコンは、以下のようなアイコンです。

ソフトのOfficeアイコン

このアイコンの特徴は、背景の四角がない形をしていることです。

「ソフト版のOffice2016」は、従来のコントロールパネルの「プログラムのアンインストール」の画面に表示されています。

同時に、「設定」→「アプリ」→「アプリと機能」の中にも表示されています。

2.なぜ2つのタイプのOffice2016が存在するのか

この2つのタイプのOfficeが存在しているのは、いったいなぜなのでしょうか?

特徴として、プレインストール版のOffice2016は、「アプリ版のOffice2016」のタイプになっていることが多いようです。

一方で、Office365のようなダウンロード版のOfficeの場合は、パソコンに後からインストールするようになるので、「ソフト版のOffice」となっています。

これは、マイクロソフトとパソコンメーカーとの契約にもよると思いますが、プレインストール版の場合は、アプリ版のOfficeをマイクロソフトが供給しているのではないかと思います。

もちろん、アプリ版のOffice2016であっても、マイクロソフトアカウントでパソコンにログインして、その後、プロダクトキーを入力すれば、通常どおりのOffice2016であり、ソフト版のOffice2016と機能上は全く同じものとなっています。

さらに、アプリ版Office2016のプロダクトキーを入力して、ライセンスを取得した段階で、マイクロソフトアカウントの管理ページのサブスクリプションページ内には、インストール可能なソフト版のOffice2016が自動で登録され、いつでもインストールできるようになっています。

このソフト版のOffice2016をインストールすることで、アプリ版のOffice2016と置き換えることも可能です。

 

3.トラブルが起こっているWindows10のOffice2016の傾向とは?

今回、トラブルが起こっているWindows10のパソコンの特徴として、アプリ版のOffice2016を使用しているという傾向がありました。

さらに、パソコンへのログインをマイクロソフトアカウントではなく、ローカルアカウントで行っているパソコンでトラブルが起こっているようです。

このようなことを考えあわせると、アプリ版のOfficeとローカルアカウントの組み合わせが、トラブルの原因になっているように思われます。

さらに、今年の始めのWindows Updateにより、アプリ版のOfficeに何らかの更新が加えられ、ローカルアカウントでは、これらの更新が正常に行えず、起動時にトラブルが生じているのではないかと思います。

つまり、

(1)アプリ版のOffice2016を使っているならマイクロソフトアカウントでログインして状態でパソコンを使用したほうがいい。

(2)もしくは、どうしてもローカルアカウントで使用したいならば、ソフト版のOffice2016をダウンロードしてインストールしたほうがいいということです。

さらに言えば、

今後のアップデートに備えて、やはりローカルアカウントでログインするのではなく、マイクロソフトアカウントでのログインでパソコンを使用する方が、トラブルが起きにくいと思われます。

最近は、PIN(4桁の数字)でのログインも可能になってきているので、ローカルアカウントで使用している方も、マイクロソフトアカウントに切り替えて、PINでログインする形に変えていくのがおすすめです。

 

4.Windows 10 October 2018 Updateの更新でトラブルが増えている

昨年の10月に公開し、多くの不具合のため一時提供が中止されていた、「Windows 10 October 2018 Update」が、修正された後、いよいよ今年になって広範囲に提供されてきています。

このOctober 2018 Updateは、マイクロソフトが半年に1度のペースで行っている大きな更新であり、多くのパソコンが更新しなくてはならないものなのですが、更新時間もかなりかかりますし、それによるトラブルも増えているように思います。

いずれにしても、パソコンへのログインをローカルアカウントから、マイクロソフトアカウントに切り替えて、これらの大きな更新に備えることが大切だと思われます。

この年明けにパソコンを使っている人で、いつもよりパソコンが遅いなあと感じている人が多いのではないでしょうか?

実は、これらのWindows Updateに合わせて、Officeだけではなく、ブラウザやウイルス対策ソフトなども大きな更新を行っているようです。

バックグラウンドでのこれらの更新は、パソコンの速度を低下させ、使いにくくしていますので、仕事をする前に、しっかりすべてのアップデートを完了させておくようにしてください。

以上、参考になれば幸いです。

Microsoft Outlook 2016のメール設定方法のコツ

少し前に、

「Microsoft Outlookの正しいメール設定方法とは?」

という記事を書いたのですが、今回は、前回の記事への追加情報ということで、書かせていただきます。

前回の記事では、メールアドレスの詳細設定が、通常の方法では編集できないため、「コントロールパネル」→「ユーザーアカウント」→「Mail(Microsoft Outlook 2016)(32ビット)」と進むように書きました。

しかし、Windows 10のバージョンや、Officeのバージョンによっては、「Mail(Microsoft Outlook 2016)(32ビット)」の項目がないという場合もあるようです。

そこで、いろいろと調査してみたところ、より確実で簡単な方法が見つかりましたので、ご報告させていただきます。

 

1.Outlook 2016やOutlook 365のメールアドレスの設定は簡易設定から必ず始まります

Microsoft Outlookを最初に起動すると、簡易的なメール設定画面が開きます。

昔のバージョンのOutlookは、メールアドレスを設定しなくても通常の画面を表示できたのですが、今回のバージョンでは、メールアドレス設定を通過しないと、通常の画面が出てこないようになっています。

そこで、簡易設定画面で、とりあえず設定してみて、うまく送受信ができなかった場合は、通常の画面から再設定するという手段をとってください。

 

2.一般のプロバイダーのメールであれば、簡易設定で問題なく設定できます

Outlook側では、日本の一般的なインターネットプロバイダーのメールに関しては、情報を持っているようで、簡易的な設定で自動で設定を行ってくれるようです。

しかしながら、会社などの独自ドメインのメールの場合は、細かい設定などを自動ではやってくれません。

また、一部のケーブルテレビ系のメールなどでも同じように、細かい設定ができないために、簡易設定では設定ができないことがあるようです。

 

3.私が体験した設定できないメールの例

神奈川県の横浜市などを中心としたケーブルテレビのプロバイダーである「itscom」は、そのメール設定がかなり特殊であるため、Outlookでは自動で設定することができないメールの代表例となります。

このitscomのメールの特殊性は、POPサーバーでの認証アカウントと、SMTPサーバーでの認証アカウントが異なるという点です。

今回のOutlook 2016やOutlook 365でのメールの簡易設定の場合は、POPサーバーの認証アカウントは、SMTPサーバーの認証アカウントと同じであると考えているようで、このため、itscomのメールでは、簡易設定が使えません。

このようなタイプのメールについては、簡易設定を一旦行って、完全ではないけれども、通常の画面を出して、それから再度メール設定を行うという方法をとってください。

 

4.一旦、簡易設定で設定したメール設定を修正して、正しく設定するための方法

Outlookのメール設定

一般的には、上の図のように「ファイル」から「情報」を出して、アカウント設定から、さらに「アカウント設定(A)…」と行くのですが、このような入り方をして、メール設定画面にアクセスした場合、再び簡易設定の画面になってしまうというケースが多いようです。

そこで、入り方を以下のように変えてください。

Outlookメールの詳細設定

すごく近い場所ですが、「プロファイルの管理」というところを選んでください。

次に出てくるアカウント制御で「はい」を選んでいただくと、以下のような画面となります。

Outlookメールの詳細設定

昔っぽい画面が出てきますが、ここでは「電子メールアカウント」ボタンを押します。

Outlookメールの詳細設定

そうすると、電子メールアカウントの設定画面になりますので、変更したいメールアドレスを選択してから、「変更」ボタンを押してください。

Outlookメールの詳細設定

そうすると、上記のような詳細設定の画面となりますので、この画面上でメールの設定を行ってください。

——–

このように、現時点でのOutlookにはかなり問題があります。

いろいろな試行錯誤もあるかもしれませんが、今回の方法を使えば、かなりの確率で正しいメールの設定ができると思います。

是非、参考にしてください。

Microsoft Outlookの正しいメール設定方法とは?

この記事に関連した新しい記事がありますので、こちらも参考にしてください。

→ Microsoft Outlook 2016のメール設定方法のコツ

会社などでは、まだOutlookを使っている人は多いようですね。

昔からのメールの名残りなのか、メールと言えばOutlookと思っている人も多いようですが、個人的な意見を言えば、Outlookは古いタイプのメールソフトなので、できるだけ早く卒業したほうがいいと思います。

個人的には、Gmailが最も優れていると思いますが、ビジネスなどで使う場合は、G suiteというGoogleのメールやスケジュール管理のサービスがありますので、会社のメールシステムは、G suiteに移行していくのがベストな方法だと思います。

 

1.Microsoft Outlookが使いにくい原因は何か?

(1)新しいパソコンへのメールの移動が面倒である

Microsoft Outlookは、Microsoft Officeに含まれるメールソフトです。

メールアドレスを設定すると、そのメールアカウント設定に対応するデータファイルが、ユーザーのドキュメントフォルダの中の「Outlookファイル」という名前のフォルダ内に、pstファイルとして作成されます。

このpstファイルの中に、メールの受信トレイ、送信済みアイテム、削除済みアイテムなどに加えて、予定表のデータ、連絡先のアドレス帳、To Doデータなどが一括して保存されることになります。

ここでの問題点の1つは、メールアドレスの設定自体は、pstファイルには保存されていないという点です。

Outlookの場合、古いパソコンから新しいパソコンにメールの設定を移動させたいときに、メール設定をエクスポートする手段がありません。

つまり、ユーザーは、新規にメール設定を作成しなおす必要があり、この点が非常に面倒な作業となってしまいます。

もし、あなたが古いパソコンから、新しいパソコンにOutlookのメールを移動したいと考えたときは、以下の手順で作業を行う必要があります。

(1) 古いパソコンのメールデータをpstファイルとしてエクスポートする。
(2) 新しいパソコンで、Outlookのメールの設定を新規に行う。
(3) 設定したメールのデータファイルに対して、古いパソコンからのメールデータをインポートする。

本来であれば、古いパソコンのメール設定をエクスポートして、新しいパソコンにインポートできれば簡単なのですが、Outlookはメール設定をエクスポートする手段を持っていません。

このため、新しいパソコンでは全く新規にメールアドレス設定を行う必要があるのですが、この設定で躓くことが多いのです。

 

(2)pstファイルの巨大化によってファイルが壊れることがある

Outlookの最大の弱点がpstファイルの巨大化です。

何しろ、1つのpstファイルが、すべてのメールメッセージや添付ファイルなどを含んでいるため、ファイルが巨大化することでファイルにエラーが生じるとファイルが開けなくなり、メール自体が開かなくなるということもあります。

このため、Outlookを使う場合は、データが巨大化しないように、不要なメールを削除したり、フォルダの整理を定期的にするなどのメンテナンスが必要となります。

さらに、pstファイルが巨大化すると、メールの受信トレイを開くのに時間がかかったり、Outlookの動きが遅くなったりすることもあります。

さらに、ひどい現象になると、メールのメッセージが消えてゆくという怪奇現象なども生じることもあります。

 

(3)Outlookから送信するメールは、暗号化されていません

これは、昔からの問題なのですが、パソコン上のメールソフトから送信されるメールというのは、インターネット上で暗号化されているわけではありません。

簡単に言えば、ネット上で暗号化されないまま送られているということは、内容を盗み見られることがあるということです。

クラウド上でメール送信を行うWebメールが望ましいのは、送信されたメールは暗号化されているという点です。

 

2.Outlookの正しいメール設定方法

最新版のOutlook(2016もしくは365)において、メールの設定が失敗するケースが増えているようです。

この問題の原因は、Outlookのメール設定画面が簡略化されたことにあります。

通常メールアドレスの設定では、表示名、メールアドレス、アカウント名、パスワード、POPサーバー名とポート番号、SMTPサーバー名とポート番号というような情報で構成されています。

ところが、最新のOutlookをはじめて起動し、メールアドレスを設定する段階で、簡易画面での設定しかなく、詳細設定画面を表示できないようにしてしまっているのです。

outlook簡易設定

※上の図の「詳細オプション」を有効にしても、詳細画面は出てきません

このことにより、複雑なメール設定を持つメールでは、認証が通らず、メールの設定でつまづいてしまっているケースが増えているようです。

もし、Outlookでのメール設定に失敗することがあれば、以下の方法で設定してみてください。

 

<Outlookメールを詳細設定画面で設定する方法>

(1)コントロールパネルを開きます。(すぐに開けない方はコルタナの検索欄にコントロールパネルと入力したら出てきます)
次に、「ユーザーアカウント」をクリックしてください。

コントロールパネル

(2)「Mail(Microsoft Outlook 2016)(32ビット)」をクリックしてください。

Mail

(3)「電子メールアカウント」というボタンをクリックします。

メールの設定

(4)Outlookのアカウント設定の画面が出てきます。
ここで、メールアドレスを選択してから、「変更」をクリックしてください。
もし、新規にメールアドレスを設定したい場合は「新規」をクリックしてください。

outlookの詳細設定

(5)メールの詳細設定画面が開きますので、メールの詳細情報を入力してください。

Outlookメール設定

さらに、画面右下の「詳細設定」ボタンを押すことで、送信メールの認証の設定や、受信サーバーと送信サーバーのポートの設定などもできるようになります。

従来のOutlookでは、ファイルのアカウント設定から、メールアドレスを選択して、変更ボタンを押すと、上記の画面にすぐにアクセスすることができたのですが、新しいOutlookでは、上記の詳細設定画面が出てこなくなってしまいました。

このため、ちょっと遠回りにはなりますが、コントロールパネル経由でOutlookのメール設定をしなければならなくなっています。

 

マイクロソフトの怠慢なアップデートによりOutlookはさらに使いにくいソフトになってきていますので、できるだけ早くOutlookから離れて、クラウドのメールサービスに乗り換えることをお勧めします。

 

3.Outlookは3種類あることを知ってますか?

皆さんは、Outlookが3つもあることを知っているでしょうか?

Windows 10のパソコンには、「メール」というアプリが最初から用意されています。このアプリの「メール」は、以前はOutlookと呼んでいました。

もう1つは、クラウドメールとしての「Outlook」です。

Office Onlineにログインすると、無料で「Outlook」という名前のクラウドメールを使うことができます。マイクロソフトは、以前からのHotmailをこのOutlookに吸収して、運用しています。

このクライドタイプのOutlookはメールアドレスを最大20個まで持つことができるのですが、残念なことに、設定が難しいので使い勝手があまりよくありません。

このように、Microsoft OfficeのOutlookとは別に、マイクロソフトは、Outlookと呼ばれているメールを2つも作っているのです。

そして、とても残念なことに、これらのメールどうしは連携することが全くできていません。

全く独立に3つのOutlookを作って、一体全体どうしようとマイクロソフトは考えているのでしょうか?

 

(1)Microsoft Office OutlookとOffice Online Outlookの連携の可能性

今後のマイクロソフトに期待することは、Microsoft OfficeのOutlookとOffice OnlineのOutlookを同期してほしいということです。

もし、このような同期ができれば、ローカルのパソコンのOutlookのメールが、タブレットやスマホで見れるようになるわけで、クラウドとローカルの両方で使えるという画期的なメールとなります。

恐らくマイクロソフトも、クラウド上のShareサーバーなどの技術もあることですし、いずれはこのような形になっていくことが期待されます。

ただ、Googleの進歩の方が速いので、OutlookがGmailに勝てるかどうかは、難しいかもしれません。

 

(2)Windows10 のアプリのメールとOffice Online Outlookの融合の可能性

Windows 10に標準で用意されているアプリのメールについては、非常に使いにくいという声がよく聞かれますし、機能的に見ても貧弱なメールです。

むしろ、アプリのメールは、Office OnlineのOutlookと融合して、一体化したほうがいいのかもしれませんね。

個人的には、Office OnlineのOutlookを使いやすくしてもらえば、Gmailにも対抗できるようなメールになるのではと思っています。

マイクロソフトの今後のアップデートに期待しています。