「[B] ホームページ」カテゴリーアーカイブ

ホームページはどうやって作るのがいいのか?

ホームページを作るには

ノコテック・ラボのパソコン教室にも、これまで多くの方がホームページを作りたいということで習いに来ています。

ホームページを作りたい理由も様々ですが、求めるホームページのレベルも様々です。

最近多くなってきたのが、パソコンとスマホの両方に対応するホームページを作るためにはどうしたらいいでしょうかという相談です。

Googleの検索で、スマホ対応ホームページが有利になった

今年2015年の4月21日から、スマホでのGoogle検索において、スマホに対応しているページを優先的に検索の上位に引き上げるという対策がとられるようになりました。

この変化は、スマホで検索された場合に限るのですが、今ではパソコンよりスマホでホームページを検索している人の方が多くなってきているので、他人事ではないのです。

このGoogle検索のポリシーの変化によって、すでにホームページを持っている方も、スマホ対応のホームページにしなければと考えるようになってきたようです。

新しく作るのがいいのか、リフォームするのがいいのか?

しかし、すでに持っているパソコン用のホームページをスマホ対応にするということも一筋縄にはいきませんし、新しくホームページを作り直すも大変ということで、躊躇されている方も多いと思います。

新しくホームページを作成される方の場合は、JimdoやWIXといったホームページサービスを使おうとしている方、レンタルサーバーにWordPressなどのCMSツールをインストールして作ろうとしている方、ホームページ作成ソフト(HomePage BuilderやDreamWeaver)を購入して作ろうとしている方、そして、一般のテンプレートなどを購入して作ろうとしている方などがいます。

一方、すでにホームページを運営されている方は、現在のページをスマホ対応にするために、ソースコードを書き換えたり、スマホ用のCSSを追加したりする方法がありますが、実際にはそういうホームページのリフォームというのは結構大変な作業で、HTMLやCSSのコードを知識を持っている方に限定されます。

このようなことから、スマホ対応のホームページを作りたいという方は、リフォームよりも新規に作成したほうがより簡単に作れるのではと思います。

新しく作成するとしたら、どういう手段があるのか?

スマホ対応のホームページを作れるかどうかは、すべてその人のスキルによって異なります。

もし、あなたがホームページ作成の初心者であれば、JimdoやWIXなどのホームページ自動作成サービスを利用するのが賢明です。このようなサービスは、機能などが限定されていることもありますが、何よりも間違いなく短時間に作れるという点は優れています。ただ、自由度はないので、その点は我慢してください。

次に、WordPressを選択肢として考えている方も多いのですが、WordPressはそんなに簡単ではありません。ある程度の経験を積んできた方でないと、途中であきらめてしまうと思います。確かにWordPressの外観はすばらしいものが多いのですが、決して知識なしに作れるものではないのです。パソコン教室などで、きちんとしたサポートを受けながら作る必要があると思います。

一方、自分ひとりでホームページを勉強しながら一から作ってみたいという方は、ホームページ作成ソフトを購入してコツコツと作成することです。決して簡単ではないのですが、htmlファイルとして作成していくことができるので、ホームページの基本を理解しながら作ることができます。しかし、この場合も決して簡単ではないので、パソコン教室などできちんとしたサポートを受けながら作るのがいいでしょう。

最後の手段としては、有料のテンプレートを購入して作成することです。ホームページ作成ソフトを駆使して作る時間がないという方や、まだスキルが足らないという方は、有料とはなりますが、テンプレートを購入すれば、最小限の改良である程度のページを作成することができます。この場合は、ページの編集をする必要があるので、何らかのホームページ作成ソフトを持っておくことが必要です。

ホームページは作ったら終わりというわけではない

ホームページ作成で大切なことは、ページが作成できた後に、きちんとしたページ対策ができることです。

パソコン上ではインターネットエクスプローラーだけでなく、ChromeやFireFoxなどのブラウザでレイアウトの乱れがないかをチェックすることも大切です。

できれば、Windowsだけではなく、Macintosh上でもページを確認するようにします。

スマホでのチェックは、AndroidスマホとiPhoneスマホでのチェックも大切ですし、特にレイアウトがスマホの横サイズによって変わりますので、その点もチェックする必要があります。

また、1つ1つのページの説明文やキーワードなどの設定、ページタイトルの設定などをきちんとすることや、サイトマップを作成して、Googleに登録すること、そして何よりもページ内のHTMLやCSSにエラーがないようにチェックすることが大切です。

さらに、Google Analyticsなどの分析ツールなども組み込んでおくと、より詳細なSEO解析が可能になります。

まずは、独学するより、パソコン教室で習った方が早道

私も、ホームページを長年作成してきていますが、昔のホームページと違って、今のホームページは技術的にもかなり高いレベルになってきており、初めての方が独学で作るというのは、かなりハードルが高くなっているように思います。

できれば、ホームページの基礎、ドメインやサーバーの選び方、作り方のノウハウや作成ソフトの選び方、検索エンジン対策などの基礎的な部分は、パソコン教室で習ってから、作り始めたほうがいいと思います。

ホームページでお悩みの方は、ノコテック・ラボのパソコン個人レッスンで習ってみてください。
きっといい解決方法が見つかると思います。

久しぶりにノコテック・ラボのHPをメンテしました

「紺屋の白袴」という言葉があるように、かなり前からノコテック・ラボのホームページについてあまり変更してきませんでした。

ホームページというのは作ってしまうと、トップページだけはいつも見て気にしているのに、その他のページはほとんど無視ということが多いんですね。

今回、営業時間などを変更したついでに、いろいろとページを見ていたら、これは古すぎるだろう!という文章もあり、あらためて更新を行いました。

ノコテック・ラボも2004年に始めてから、12年目になってしまいましたが、パソコン周辺の状況は本当に大きく変わってきたと思います。

もちろん、私自身も年をとりまして、体力勝負というわけにはいかなくなっています。

何よりも、最近はパソコンより、スマホやタブレットという世の中になってきて、アプリも山ほどあるなかで、最近の若い人はいったい何を考えているのかが、だんだんわからなくなってきました。

というのも、若い人がパソコンを習わなくなったように思うのです。

しかし、この現象は若い人たちがパソコンを十分に使えるスキルを持っているという意味ではなく、パソコンを持っていない若者が増えていることと、習いたくてもパソコンが買えないという若者が多いということではないかと危惧しています。

確かに、スマホやタブレットでインターネットやメールは使えますが、仕事で使うような細かい書類や、データの解析などはできません。一見して使えている人であっても、セキュリティに関する知識がなかったり、フォルダやファイルの整理がずさんだったりすることもあるようです。

そういう意味でも、若い人たちに、パソコンをきちんと習って使えるようになっていただきたいと思っています。

新橋駅前の写真です。(新橋教室のあるビルから)

新橋駅前

ホームページが簡単に作れる「Jimdo」とは?

「ホームページを自分で作ってみたい」という気持ちを持っている方も多いと思います。

しかし、ホームページを作成するためには、それなりの技術とそれなりの費用がかかるというのが、これまでの常識でした。

ブログやフェイスブックなどをホームページの代わりに利用しているという方もいるかと思いますが、やはりホームページとは目的が違うものです。

独自のホームページが、自分の力だけで作れたら・・・という気持ちを実現させてくれるツールがこれまでもいくつか作られてきました。

アイデアはいっぱいあるし、自分のアイデアを実現させる気持ちもある!さらに、初めてのホームページの世界を体験してみたい・・・そういう方に最適なツールが「Jimdo」ではないかと思います。

Jimdoは2007年にドイツで生まれたWeb技術ですが、日本ではKDDIウェブコミュニケーションズが運営しています。すでに多くの方が利用しており、かなりポピュラーな存在になりつつあるようです。

私も実際に使ってみたのですが、初級者の方から上級者の方まで、幅広い層で使えるツールになっていることと、料金的にも無料で使えるレベルもあり、登録すればすぐに作業が始められるという気軽さは、これまでになかったツールではないかと思いました。

自由度という点は、一般のサーバーには劣りますが、十分使えるレベルにあることは間違いないと思いますので、これからホームページを作りたいと考えている人には最適なツールのような気がします。

個人的には、ホームページ技術を学ぶ最初の出発点としてJimdoを使いながら、ホームページに慣れることで、ネットの仕組みや検索のしくみなどを勉強していくのは、とてもいいことだと思いました。

おそらく、ある程度の知識や技術が身についていけば、レンタルサーバーを契約して、本格的なホームページを作成するようになってもいいと思います。

また、Jimdoには、「Free」「Pro」「business」の3つのコースが用意されています。Freeでは独自ドメインを取得できませんが、「Pro」や「business」では独自ドメインを割り当てることが可能です。

さらに、Jimdoには、ショップ機能も組み込まれており、ホームページとショップの両方を持ちたいという要望にも十分応えられます。

おそらく、今後はJimdoを利用したページも増えていくと思いますが、最終的にそのページが生き残れるかどうかは、Jimdoの機能を十分に使いこなせるだけのIT技術を身につけられるかどうかにかかっているような気がします。

そういう意味で、「ホームページが簡単に作れる」というツールを「自分で自由にホームページを運用することができる」というツールにすることができるかどうかが問われてくるのだと思います。

ノコテック・ラボのパソコン教室でも、今後Jimdoの使い方を教えたりするレッスンも増やしていけたらと思っています。