nokotech のすべての投稿

Web版Photoshop?アプリ「Photopea.com」を是非使ってほしい!

Photoshopによく似た無料のWeb版アプリ「Photopea」

Adobeの「Photoshop」は、Adobe CCのフォトプランで月額980円(税別)で使用することができるアプリですが、そのPhotoshopに非常によく似た無料のWeb版アプリが「Photopea」です。

Web版Photoshopアプリ「Photopea.com」

このWeb版アプリは、以下のアドレスにアクセスすれば、すぐに使えるという便利なアプリなのです。

https://www.photopea.com/

もちろん、無料だけではなく有料のコースもあるようですが、通常の使用であれば、無料版で十分な性能があります。

Photoshopを使ったことがある人であれば、操作上はほとんど同じような操作で使えるように設計されており、日本語にも十分に対応しているので、安心して使えると思います。

本家のPhotoshopと決定的に異なるのは、カラーモードはRGBモードのみで、CMYKモードは持っていないということくらいです。Web用の画像加工に特化しているアプリだと考えれば、必要十分な機能だと思います。

驚くのは、その操作がとてもスムーズで、ストレスがないという点です。

Windowsだろうが、Macだろうが、Linuxだろうが、ブラウザの上で動作しますので、場所にこだわらず、いつでも写真の加工や画像の作成が可能です。

 

Photoshopの勉強にもなります

Photoshopを使ったことがない人にとっては、Adobeから使用ライセンスをサブスクリプションで購入することに躊躇する人も多いと思います。

Photopeaは、無料ですが本来のPhotoshopの機能を忠実に再現している点で、複雑なPhotoshopの機能を無料で勉強できるという教材でもあります。

画像加工ソフトとしては、これまで「GIMP」などのソフトもありましたが、初心者には使いにくいこともあって、それほど普及していません。

恐らく、今回のPhotopeaがいつまで無料で使えるのかはわかりませんが、本格的な画像加工を学びたいという人にとって、とてもありがたいWebアプリであることは間違いありません。

是非、この機会に勉強してみてはいかがでしょうか?

 

Photopeaを使うには、マウスは必須です

最近は、Macbookをはじめとして、ノートパソコンを使う人の中には、マウスを使わないのが、かっこいいと考えている人たちも多くいます。

しかし、それは大きな勘違いです。

もちろん、文字入力や表計算ソフト程度の使用であれば、マウスはそれほど必要でないこともあるかもしれませんが、画像作成、画像加工などの操作については、マウスがない状態で作業することは全くのナンセンスだと考えてください。

イラストレーターやフォトショップを基本からきちんと勉強した人であれば、描画や画像加工において、キーボードとマウスの両方を使って作業することはあたりまえのことであり、マウスがなければ始まらないのです。

このPhotopeaの素晴らしいところは、Photoshopの操作で使用するキーボードとマウスの連携操作がそのまま使えるということです。

 

マウスの歴史とは

ちなみに、Appleの創始者であるスティーブジョブズは、キーボードでしかそれまで操作できなかったパソコンから、はじめてマウスを使って操作できるパソコンであるMacintosh(Mac)を作ったのです。

スティーブジョブズは、Apple社設立後、シリコンバレーにあるゼロックス社のパロアルト研究所でアラン・ケイが開発した「アルト」というコンピュータを見て、そこで初めてマウスらしき存在を目にしました。その後、パロアルト研究所から、ラリー・テスラーを引き抜きパソコンの開発を行い、アルトの血統を引き継いだマッキントッシュをはじめて世に出すことに成功するのです。

このゼロックス社のアルトの開発に関わった技術者の一人が、後にAdobeの創始者となるジョン・ワーノックなのです。

つまり、Macはマウスから始まったパソコンだったということを是非知っていただきたいと思います。そして、マウスとAdobeとの関係も深い関係だったということも。

90年代にAdobeのイラストレータやフォトショップが誕生しましたが、最初はMacのみのソフトしかありませんでした。2000年以降にWindowsに移植が行われて、現在はMacでもWindowsでも使えるソフトになりました。

このようなマウスの歴史の中にPhotoshopが生まれてきて、その血統をPhotopeaが受け継いで、Web上で使えるWebアプリにしたという点がとても面白いと思うのです。

アニメ「はたらく細胞」が面白すぎる

今や新型コロナウイルスという目に見えない敵と戦っている私達ですが、私達の体には、37兆2000億個の細胞があって、その細胞1つ1つが役割を持って毎日けなげに働いています。

アニメ「はたらく細胞」は、私達の体が多くの外敵にさらされていて、その外敵の種類を見分けながら、日々対処していることをわかりやすく伝えている画期的なアニメなのです。

このアニメを見ることで、菌とウイルスの違いや、外敵に対処する白血球にもいろんな種類があることを理解できます。

アニメは、新米の赤血球の女の子が主人公で、私達の体がどのように外敵に対して対処しているかを、面白く物語にしています。

配信しているサイトは何個かあると思いますが、とりあえずGyaoさんで見てください。

はたらく細胞 第1話 肺炎球菌
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00548/v12296/

はたらく細胞

このアニメの医療監修は、医療法人ひかり会パーク病院 院長の原田知幸先生です。(テレビの世界一受けたい授業も出演された先生です)

体のしくみをわかりやすく解説しているアニメは、世界的にもめずらしいし、日本ならではのものだと思いました。

ぜひ、見てください。

ガラケーの連絡先をスマホの連絡先の移行する方法

ドコモのガラケー(3Gの電波)のサービスは、2026年3月31日に終了することが決まっています。

しかし、日本全体でみると、携帯電話の中でガラケーの占める割合は約20%であり、5人に1人はガラケーをまだ使っている状況です。

ガラケー自体の生産はほぼ終了しており、機器のサポートなどもそろそろ終わりつつあります。おそらく、この5年で機器の寿命がきて、ガラケーが自然消滅するのを待っているということかもしれません。(中古市場は結構人気ですが)

ガラケーからの乗り換えとして、2つの選択肢が用意されています。いずれの選択でも、回線として「3Gの電波」ではなく「LTE/4Gの電波」を使用しています。

1つは、ガラケーの形をしているけど、スマホの機能を持ち、LTE/4Gの電波を受けられる「ガラホ」と言われる機種です。ガラホの場合は、全体の形やボタンの配置がガラケーに似ているので、ガラケーを使い慣れた人には乗り換え易いと思います。

ガラホ(ガラケー+スマホ)という呼び名は共通のものではなくて、auでの呼び方が一般化したものです。ちなみに、ドコモの場合はspモードケータイ、ソフトバンクは進化したガラケーと呼んでいるそうです。

もう1つは、当然ながら通常の「スマホ」(LTE/4G)です。ガラケーからスマホにした場合には、ボタンがなくなり、すべて画面にタッチする形で操作しますので、最初は苦労すると思いますが、ガラホよりも機能が多いですし、画面も大きいので、慣れてしまえば便利だと思います。

スマホ(スマートフォン)というのは一般名で、アンドロイドスマホやiPhoneなどを総称して呼ぶときに使われています。

いずれにしても、最新の5Gのスマホが普及してくる中で、3Gのガラケーが姿を消していく流れは確実だと思われます。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

 

1.ガラケーの連絡先をスマホの連絡先に移すには?

ガラケーからスマホ(ガラホ)に連絡先を移すという場合、ドコモ・au・ソフトバンクのお店等でスマホ(ガラホ)を購入すれば、お店で連絡先などを移行してくれるサービスもあるようです。(ただし、通信会社を変えるような場合は、対応していないと思われます。)

一方、通信会社を変えるような場合や、格安SIMを利用したスマホに、MNP(Mobile Number Portability)を利用して、電話番号を移行するような場合には、自分で連絡先を移行するしか方法はありません。

※MNPとは、電話番号を変えずに他の通信会社に移動できる仕組みのことです。現在契約している通信会社にMNPを申請するとMNPナンバーという番号がもらえます。この番号を別の通信会社と契約するときに伝えると電話番号が変わらずに移行が行えます。ただし、通信会社(キャリア)からもらったメールは、移行できませんので、注意が必要です。

今回の記事では、一般的な古いタイプのガラケーから連絡先を取り出して、スマホに入れるまでの方法について書いてみたいと思います。(今回の記事に使用したのは、ドコモの古いガラケーです)

基本的な流れとしては、

(1)ガラケーの連絡先をSDカードにコピーする。

(2)SDカードにコピーされた連絡先データをパソコンにコピーする。

(3)パソコン上で、連絡先データを統合した1つのファイル(統合ファイル)を作成する。

(4)統合ファイルをメールに添付してスマホに送る。

(5)スマホ上で添付された統合ファイルを連絡先にインポートする。

という流れになります。

 

1.ガラケーの連絡先をSDカードにコピーする。

まず最初の操作は、ガラケーの中に保存されている連絡先の情報をSDカードにコピーするところからです。

ガラケーにはSDカードを入れる場所があります。通常はMicroSDというサイズのSDカードが多いのではないかと思います。

もし、SDカードが入っていない方は、4GB程度のmicroSDカードを購入してください。(自分のガラケーにあったサイズ・容量を調べてから購入してください)

それと、microSDカードなど、小さなSDカードの場合には、標準のSDカードのサイズにするためのアダプターが必要になりますので、こちらも購入しておいてください。(パソコンにSDカードを読み込ませるときに必要)

SDカードを新規で購入された場合は、ガラケーにSDカードをセットした後、SDカードのフォーマットを行っておいてください。

以下の方法で、連絡先のデータをSDカードにコピーします。

(1)ガラケーの連絡先の画面を表示します。

(2)サブメニューのボタンを押します。

(3)サブメニューの中の「コピー」を選択します。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(4)コピー先として、「microSDへコピー」を選択します。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(5)さらに、全件コピーを選択します。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(6)端末暗証番号を入力します。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(7)電話帳をすべてコピーしますか?となるので、「はい」を選択します。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(8)SDカードへのデータのコピーが実行されます。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(9)microSDカードをSDカードアダプタに入れてから、パソコンにセットします。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

 

2.SDカードにコピーされた連絡先データをパソコンにコピーする。

次に、SDカードの中の連絡先データをパソコンにコピーします。

SDカードをパソコンにセットすると、以下のような3つのフォルダが見えます。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

この中にある「SD_PIM」というフォルダが連絡先のデータを含むフォルダになっています。このフォルダを開けると、PIM_DATA.PIMという1ファイルと、PIM00001.VCFから始まる連番のファイル名が表示されます。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

SD_PIMフォルダをパソコンのデスクトップにドラッグしてコピーしてください。

DEVPROFフォルダとPRIVATEフォルダは必要のないフォルダなので、コピーする必要はありません。

 

3.パソコン上で、連絡先データを統合した1つのファイル(統合ファイル)を作成する。

SD_PIMフォルダ内にあるVCFファイルの1つ1つが、1人の連絡先を含んでいるファイルとなっています。

VCFという拡張子が付いたファイルは「vCard形式」のファイルでアドレス帳や連絡先などに使われている一般的なファイル形式です。

これらの1つ1つのファイルを1つずつスマホに送ることも出来ますが、数が多いと大変なので、あるフリーソフトを利用して、統合したファイルを作成するのが便利です。

ファイルを統合するためのフリーソフトは、「ファイル結合 for Windows」という名前のソフトです。

以下のサイトから無料でダウンロードできます。

Vectorのサイトからダウンロード

ダウンロードしたファイルを、解凍後、setup.exeをダブルクリックして、インストールしてください。(Windows10でも問題なく動作します)

インストールするとFileGGPという名前でスタートメニューに登録されます。

(1)FileGGPを起動します。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(2)「フォルダ指定追加」のボタンを押して、パソコンにコピーされたSD_PIMのフォルダを選択してください。以下のようにフォルダ内のVCFファイルが表示されます。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(3)続けて、「結合」というボタンを押してください。ファイルの結合が開始され、同じフォルダ内に統合されたファイルが作成されます。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(4)以下のように「PIM00001-Combination.VCF」という統合ファイルが作成されています。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

 

4.統合ファイルをメールに添付してスマホに送る。

作成された統合ファイル「PIM00001-Combination.VCF」をメールに添付して、スマホのメール宛に送信してください。

 

5.スマホ上で添付された統合ファイルを連絡先にインポートする。

スマホのメールを開いて、添付されたファイルをタップしてください。

そうすると、何のアプリで開くかというような画面が表示されると思います。

(アンドロイドの場合)

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

アプリで開くという画面が出てくるので、電話帳を選択して、「1回のみ」という文字をタップしてください。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

上記の画面が出てきたら、「許可」をタップします。

ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

vCardから連絡先をインポートしますか?という画面が出たら、OKをタップしてください。これで、スマホの電話帳にインポートが終了します。

 

(iPhoneの場合)

(1)添付ファイルをタップします。
ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(2)画面の右上のボタンをタップします。
ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(3)アプリの選択では「その他」をタップします。
ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(4)「連絡先にコピー」を選択します。
ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(5)「〇〇件すべての連絡先を追加」をタップします。
ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(6)さらに、「〇〇件すべての連絡先を追加」をタップします。
ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

(7)最後に、「新規連絡先を作成」をタップします。
ガラケーの連絡先をスマホに移す方法

以上の操作で、連絡先にデータが追加されます。


以上が、ガラケーの連絡先をスマホの連絡先に移す方法です。

ガラケーの種類やスマホの種類によっては、画面の構成が異なる場合もありますが、全体の流れとして参考にしていただければと思います。