「未分類」カテゴリーアーカイブ

LINEモバイルの衝撃とスマホの使い方の変化

LINEモバイル社長

本日、LINEモバイルがいよいよスタートしました。

よく知らないという方に、LINEモバイルの衝撃をお伝えしたいということで、記事を書くことにしました。

最近は、格安スマホというものがここ1年くらいでかなり出てきたように思いますが、そのようなものとは一線を画しているのがLINEモバイルなのです。

恐らく、LINEモバイルの誕生を一番恐れていたのが、auとソフトバンクだと思います。

 

1.FREETELの衝撃

実は、LINEモバイルが出てくる少し前に、「FREETEL」という格安スマホとSIMを提供するサービスが始まっています。

このFREETELのサービスも、今回のLINEモバイルと同様に、とても斬新なサービスで業界に衝撃を与えていました。

というのも、FREETELが使っている4Gの回線はdocomoの回線を使っており、そのSIMはAndroidスマホやSIMフリーのiPhoneだけではなく、SIMロックのかかったdocomo、au、softbankのiPhoneで使えるようになっています。(一部完全に対応していない機種もありますが)

さらに、FREETELは、格安価格のスマホの機種をそろえていて、一括払いだけでなく、分割でも購入できるようにしていますが、ドコモやauやソフトバンクのように、SIMの契約を2年縛りにしていません。

FREETELのスマホやSIMの購入は、ヨドバシカメラやビックカメラなどの店舗で契約ができるようになっています。
→ 詳細はこちら

 

2.LINEモバイルの衝撃

一方、LINEモバイルの方は、店舗での販売という形態をとらずに、すべてネット上で契約を行う形になっており、支払いもすべてクレジットカードとなっています。

LINEモバイルも、スマホ機種も取り扱ってはいますが、どちらかというと既存のスマホに対してSIMを販売するというところに力を入れているように感じます。

LINEモバイルも、4G回線はdocomoの回線を使っており、SIMはAndroidスマホやSIMフリーのiPhoneだけではなく、SIMロックのかかったdocomoのiPhoneも対象になっています。(auやsoftbankのiPhoneについては対応しているかどうかは不明です)

LINEモバイルの衝撃とは何かというと、データ通信のみの契約で1GBのパケット量がついた「LINEフリープラン」というものがあるのですが、パケット量に制限なく、LINEの「音声通話」「トーク」「画像・動画の送受信」「タイムライン」が常に4G回線で無料で使えるプランで、月額で500円というプランがあることです。

もちろん、データ通信だけでは困るという人に対しては、プラス700円で、LINEフリープランで電話番号がもらえて、普通に電話ができるプランにすることができます。(合計で1200円です) → 詳細はこちら

もし、音声通話はできるだけ抑えて使わないようにして、ネットで動画などを見ないようにして、ホームページだけの閲覧として、アプリのアップデートは家のWiFi環境で行うということであれば、LINE使い放題というこのコースはかなり現実的に可能なレベルかもしれないと思うのです。

もちろん、パケット量を増やすことができる別のプラン、「コミュニケーションフリープラン」もあり、ここではLINEだけでなく、FacebookとTwitterが使い放題となるプランで、3GB、5GB、7GB、10GBを選べるようになっています。→ 詳細はこちら

そして、もちろん2年縛りというものもなく、月ごとにプランの変更も可能です。

 

3.アプリの会社が通信業界に入ってきたことの意味

今回、FREETELよりもLINEの方が、より衝撃が大きい理由は、すべてのスマホで動き、スマホを持っている人の中で最も使われているLINEを作ったアプリの会社が、通信業界に参入したという意味です。

しいて例えを言えば、FacebookやTwitterのようなSNSの会社は、完全なソフトウェアの会社であり、ハードウェアや通信分野には進出していません。ところが、同じソフトウェアの会社であるLINEがソフトウェアの枠を超えて通信業界に進出したというところがとても新しいことなのです。

さらに、このLINEモバイルの社長は、女性であり、31歳の嘉戸彩乃(かど あやの)社長なのです。

この思い切った人事は、これまでの日本の会社の常識を打ち破っていると思うのです。

実は、昔から日本の業界では、ハードウェアとソフトウェアのすみわけがはっきりしており、それにより使い勝手の悪さや、ハードごとに違いによる問題が生じていました。複雑な価格体系や2年縛りなども、このような慣例から生じてきたものと言えるのではないでしょうか。

今回、LINEモバイルが目指している1つのテーマは、SIMロックを素通りして使えているという点と、Androidだろうが、iPhoneだろうが、Windows Phoneだろうが、同じLINE SIMで使えるようにしようという大きな試みのような気がします。

それと、店頭販売をせずに、すべてネットでの販売ということで、コストを抑え、低価格でSIMを提供できる環境を整えたことも、潔いやり方のような気がします。これにより顧客情報なども一括管理でき、ソフトウェア会社の得意とする様々なサービスと連携できる可能性があります。

今後、どのような評価を受けるかわかりませんが、docomo、au、softbankという3大通信会社や、その他のスマホ業界に大きな影響を与えてゆくことは確かだと思います。

Office365とは何か?選び方のポイントとは?

1.永久ライセンスとサブスクリプションのOffice

Office365というのは、マイクロソフトが提供しているライセンス契約タイプのOfficeです。

ライセンス契約というのは、1ヶ月、1年単位でOfficeの使用料金をクレジットカードで支払いながら使うということです。(法人の場合は、請求書ベースでの支払いもできます)

このライセンス契約のことを、マイクロソフトでは、「サブスクリプション」と呼んでいます。

これに対して、これまであった通常のOfficeは「永久ライセンスのOffice」と呼ばれています。

「永久ライセンス」と「サブスクリプション」のどちらのOfficeが得か?ということがよく議論されていますが、それは、使い方によって得かどうかは決まると思います。

たとえば、数台のパソコンを持っていて、いつも最新のOfficeですべてのパソコンを使いたいという人は、サブスクリプション型のOfficeの方がいいと思いますし、

個人で1台のパソコンをずっと長く使い続けているという方の場合は、Officeがプレインストールされた永久ライセンス型の方がいいと思います。

また、Windows7以降の中古パソコンや、Officeの入っていない安価なパソコンを買って、Officeをインストールして使いたい方は、サブスクリプション型のOfficeの方がコストが安く始められます。

さらに、大企業や中小企業の場合については、Officeのバージョンアップのコストが1時期に集中してかかる永久ライセンス型よりも、毎年使う数に応じてライセンスを調整できるサブスクリプション型の方が、資産という区分けにならないので、税制上も有利だと思います。

全体的な流れとすると、Office365というサブスクリプション型のものが今後は増えていくと思います。

 

2.Office365 solo(個人向け)とOffice365サービス(個人向け)

個人向けのOfficeには、3つのタイプがあります。

(1)パソコンにプレインストールされているOffice

永久ライセンス型Office(1年間のOffice365サービス付)
「Office Professional Premium」
「Office Home & Business Premium」
「Office Personal Premium」

※価格はパソコン価格に含まれています。
※Office365サービスは2年目以降は、有料(年間約6,264円)となります
※Office365サービスの期間中は最新のバージョンにアップグレード可能
※インストールされたパソコン1台のみで使えます。

(2)Office365 solo

個人のためのOffice365としてsoloというネーミングになっています。
※価格は1年間で12,744円です。
※Word, Excel, Powerpoint, Outlook, OneNote, Publisher, Accessが入っています。
※最大2台までのパソコンにインストールできます。
※マイクロソフトアカウントで管理され、パソコン間のライセンスの入れ替えが可能。

(3)パッケージ版Office

最新のバージョンのパッケージとなります。
Office Professional 2016 (価格は64,584円)
Office Home & Business 2016 (価格は37,584円)
Office personal 2016 (価格は32,184円)

以下は、私の方で個人用のOfficeについてまとめてみたものです。

office個人用
上記の画像をクリックすると、拡大画像がPDFで開きます。

 

3.法人用Office365

法人用のOffice365の場合は、個人事業、中小企業、大企業、教育機関、非営利団体、政府機関などにより様々なタイプがあります。

私自身、当初は法人のみしか購入できないと思っていましたが、個人事業主でも購入できるタイプもありました。

特に、教育機関の方や、非営利団体ではかなり安価でOfficeが導入できるので、有利だと思います。

以下は、法人用のOffice365について、私の方でまとめてみたものです。

office365法人用
上記の画像をクリックすると、拡大画像がPDFで開きます。

法人用のOffice365は、通常の個人のマイクロソフトアカウントではなく、専用のマイクロソフトアカウントを別途作成して契約する形となります。

 

4.Office365はMacパソコンでも使えます

これまで、Officeといえば、Windowsパソコンのみというイメージだったのですが、Office365はMacのパソコンにもインストールできるようになりました。

特に、Macの場合は、Office2011というとても使いにくいOfficeを使うしかなかったのですが、MacOSの最新バージョン(EI Capitan)が入っていれば、Office2016をインストールすることができ、Word, Excel, Powerpoint, Outlook, OneNoteなどのソフトが、Windowsと同じように使うことができるようになりました。

もちろん、ソフトの画面はWindows版の2016と若干異なるところもありますが、Office2011に比べると、各段使いやすくなっているのでお勧めです。

 

5.お薦めのOffice365は?

個人的なお薦めは、やはり「Office365 solo」です。

Windowsパソコンでは、PublisherやAccessまで使えて、2台のパソコンまでインストールできるというスペックは、個人レベルでは十分だと思います。

個人事業主や数人で会社をやっている方は、「Office365 business」 「Office365 Business Premium」 「Office365 ProPlus」などがお薦めです。1つのライセンス契約で5台までのパソコンにインストールできます。

特に、Office365 ProPlusは、PublisherやAccessまで使いたい方に最適です。

1年ごとに、見直しもできますので、短期的に使いたい人も、長期的に使いたい人も、自分や会社に最適なプランを選んでいくようにしてください。

Windows10の不具合を解決~日本語が入力できなくなる

Windows10で日本語入力ができなくなるというトラブルはかなり困りました。

特別なこともしていないのに、ある日パソコンを起動したら、突然日本語が入力できなくなったのです。

いろいろと調べてみると、日本語入力のソフトの問題というより、キーボードが日本語キーボードから英語キーボードになってしまうという問題のようです。

ちなみに、英語キーボードというのはこんな感じのキー配置です。

英語キーボード
※半角/全角のキーがありません。@の位置が数字キーの2の位置にあります。

設定では、きちんと日本語キーボードに設定されているにもかかわらず、英語キーボードのキー配列になっているという状態なので、日本語がまったく入力できません。

インターネットで調べてみると、Windows8の頃からもそういうトラブルはあったようですが、Windows10では結構多いトラブルとなっているようでした。

ネットで調べたところ、以下のサイトで解決方法が紹介されていました。

http://freesoft.tvbok.com/win10/tips/keyboard.html

とても詳しく書いているので、これらの方法で解決される方もいると思いました。

いろいろと試してみましたが、残念ながら解決しなかったので、別の方法を考えることにしました。

それは、「Google IME」のインストールです。

本来、Microsoft IMEが起動すれば、言語の切り替えなどの表示が画面の右下に出るはずなのですが、トラブルが起こった段階では、「あ」とか「A」とかいう言語の切り替えがまったく表示されていませんでした。

そこで、原因としてはMicrosoft IMEが起動できていないのではないかと考え、別の日本語変換ソフトの「Google IME」を入れようと考えたわけです。

Google IMEは以下のアドレスから、無料で手に入れることができます。

https://www.google.co.jp/ime/

Google IMEをインストールすると、無事日本語入力ができるようになりました。(よかった~)

しかし、そこで話は終わりではありません。

Windows10のアクションセンター(画面右下にある吹き出しのアイコンをクリック)から「すべての設定」を開き、「時刻と言語」をクリックして、「地域と言語」を選ぶと、「日本語 Windowsの表示言語」があります。

これをクリックすると、「オプション」ボタンがあるのでクリックします。

次の画面の下の方に「キーボード」という項目があるのですが、Google IMEを入れた直後は、キーボードの中には「Google 日本語入力 入力方式エディタ」のみが存在していました。

そこで、「+」ボタンを押して、「Microsoft IME」を追加しました。

これらの設定を行うことで、画面右下の部分にGoogle IMEとMicrosoft IMEの切り替えボタンが表示されるようになりました。

パソコンを再起動後には、以下の図ような状態となりました。

IMEの切り替え

そこで、Google日本語入力から、Microsoft IMEに切り替えてみたら、なんと日本語が普通に入力できるようになっていたのです。

これらの結果、Google IMEとMicrosoft IMEの両方が使えるようになりました。

このWindows10の不具合の原因は、何らかのキッカケでキーボードと日本語入力IMEのつながりが切れることで起こっているように思われました。

恐らく、Microsoft IMEが起動時に起動しなくなったことで、キーボードが自動的に英語キーボードに変わってしまったのではないかと思います。

Google IMEをインストールすることで、IMEとキーボードのつながりが生まれて、それがMicrosoft IMEを復活させる糸口になったのではないかと推察しています。

もし、同じようなトラブルに遭遇された方がいれば、お試しください。

Magic桜をいただきました~秋なのに桜~

パソコン教室の会員さんから、「Magic桜」という不思議なものをいただきました。

紙でできた木をシャーレの中にセットしてから透明な「マジックウォーター」をふりかけると・・・。

24時間後には、桜の花が満開になるという不思議なものです。

それが、これです!

マジック桜

※猫は桜とは関係ありません。

この桜は、何かの物質の結晶みたいなものだと思うのですが、

透明なマジックウォーターが、ピンクの花に変化するのはとても不思議です。

この桜は、話によると1ヶ月程度は咲いているということのようです。

興味のある人は、こちらのサイトで紹介されていますので、ご覧ください。

グーグルマップのインドアビューを知っていますか?

グーグルマップの「ストリートビュー」の拡張版として、店舗などの内部や、ビルの中での店舗の位置などがわかる「インドアビュー」というサービスが始まっています。

始めて行くお店や、店舗などをグーグルマップで検索すると、店舗紹介の吹き出し内にインドアビューの入り口が表示され、店舗の内部や建物の中での位置などが確認できます。

このサービスは、個人では登録することができないため、Google認定パートナーに登録されている会社などに写真を撮影してもらって、登録してもらうことが必要です。

本日、このGoogle認定パートナーの会社である「有限会社DATADISK」(東京都・港区)の担当者の方とお会いして、これらのサービスの内容について説明を受けました。

具体的にはグーグルマップにインドアビューを登録すると、以下のような画面をホームページ上やブログに貼り付けることができるようになります。

これは、私がよく利用している新橋のお店(お寿司屋さん)のインドアビューです。


大きな地図で見る

ホームページで埋め込む以外でも、グーグルマップでお店を検索したときに、
ストリートビューといっしょに、インドアビューの写真が表示されるようになります。

インサイドビュー2

たぶん、利用すると効果があがるのは、
● ビルに看板がなくて、お店を紹介するのが難しい・・・
● お店の内装を見て、興味をもってほしい・・・
● ビルの中にあるので、お店までの道筋がわかりにくい・・・
● はじめての人でも来やすい雰囲気をもってほしい・・・
というような店舗だと思います。

店舗だけではなく、お医者さん・エステ・教室などでも需要があるのではと思います。

ご興味のある方は、ノコテック・ラボまでお問合せください。
グーグルと提携している会社をご紹介させていただきます。